Lifestyle

シビアな高齢出産の現実。リスクが高まるのは何歳頃から?│医師に聞く

 人生設計の多様化や女性の社会進出、晩婚化や医療の発達などによって増えつつあるおおむね35歳以上の妊娠、高齢妊娠。リスクが高いといわれていますが、現状はどうなっているのでしょうか。  高齢出産の現場に数多く携わってきた産婦人科医の富坂美織先生に話を聞きました。
富坂美織先生

富坂美織先生

不妊相談で多い2パターン

 高齢妊娠、出産と深く関わり合うケースが多い不妊治療。富坂先生によると、「現在は6組に1組のカップルが不妊の時代」だといいます。
不妊相談に来る夫婦

写真はイメージです(以下同)

 不妊症とは、生殖年齢の男女が妊娠を希望し、ある一定期間避妊することなく性生活を行っているにもかかわらず、妊娠の成立をみない場合をさし、最近ではその一定期間は1年というのが一般的です。  富坂先生は現場で、以下のような相談をよく受けているそうです。 ==== 「32歳で結婚したのですが、当初は仕事をしたいのでピルを飲んで避妊していました。38歳になって子どもをつくろうとピルを止めたのですが、2年経っても子どもができません」 「39歳で結婚し、今年40歳です。夫は52歳です。もう子どもをつくるのは無理でしょうか」 ====  富坂美織先生によると、「このように、結婚して数年経ってから子どもをつくろうと思ってもできない、もしくは40歳前後の結婚なので、というのが代表的な相談の例です。最近は結婚年齢が高くなっているので、挙児希望の場合には早めの専門クリニック受診をオススメします」とのこと。

高齢妊娠・出産のリスクと技術の進歩

 そもそも高齢妊娠・出産にはどんなリスクがあるのでしょうか。 「高齢妊娠・出産では、赤ちゃんの染色体異常のリスクが高くなり、流産率も高まります。また、妊娠中には、糖尿病や高血圧になるリスクが上がりますし、お産の時には、子宮の入り口の伸展が不足してしまいがちだったり、陣痛が弱かったり、お産までの時間が長引きやすく、妊婦さんも疲労しやすいので、帝王切開となるケースも増加します。」(富坂先生、以下同) 高齢出産のリスクと技術の進歩 一方で、不妊治療技術の進歩によって、高齢妊娠・出産が増えているという現実も。 「不妊治療の現場では、技術が日に日に進歩しています。以前よりも安全に治療を受けることができるようになりました。  平成10年代から20年代でみると、およそ10年間で、35歳以上の女性の出産の割合は倍増しています。不妊治療を受ける患者さんの平均年齢も年々上がってきており、体外受精を受ける女性の少なくとも3人に1人は40歳以上です。  不妊治療はカップルでの治療が原則ですが、例えば、どうしてもクリニックで検査を受けることに抵抗がある男性向けに、スマホのカメラを活用した精液検査も行えたりします。  しかし、不妊治療でより多くの人が子供を授かることができるようになった一方で、上記のような高齢妊娠・出産によるリスクが増え、産科医療の現場がより大変になっていることも事実です」
次のページ 
出産の安全度が高いのは何歳頃まで?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ