Fashion

脱ユニクロしたいなら…コスパ抜群のデザインブランド3選/バイヤーMB

 ファッションバイヤーのMBです。  ユニクロのシンプル&上質服は魅力的だけど・・・それだけじゃどうも主張の少ないつまらないスタイルになりがち。そこで今回は脱ユニクロを目指すことができる「デザインブランドのおすすめ」を3つ挙げておきます。

1)今以上にお金はかけずにデザイン服が着たいなら「GLOBAL WORK」

「脱ユニクロ」と言っても今以上にお金もかけたくない・・・それならファストファッション並みの価格でデザイン服を提案する「GLOBAL WORK」はいかがでしょう。  イオンモールなどでよく見かける「GLOBAL WORK」は一世を風靡した国産格安量販ブランド「LOWRYS FARM」などを手がけるアダストリア(旧ポイント)が運営しています。デザイン服と言っても意味の分からない切り替えやハイセンスすぎる柄使いなど過剰なものは一切無し。ユニクロ同様シンプル&カジュアル路線だけど、ユニクロにはない色柄形が低価格で揃う。  ちょっと差別化したい、やりすぎないデザイン服を着たいときにピッタリ。地味でもなく、かといってやり過ぎでもない・・・良い意味で「普通」がこのブランドの魅力です。
GLOBAL WORKリネンテーパーキャミサロペ

GLOBAL WORKリネンテーパーキャミサロペ (画像:ZOZOより)

 今期オススメはリネン素材のサロペット(リネンテーパーキャミサロペ、税込5,292円)。  シンプルなTシャツに足すだけで簡単に個性が生まれるサロペ、探してみると案外ちょうど良いのが無いことに気づきます。カジュアル店に行くと「スーパーマリオ」のようなデニムのオーバーオールがあったり、綺麗目なお店に行くとやたらと落ち感のある素材で「ひと昔前のギャル」みたいになってしまったり・・・。大人がちょうどよく着れる、かつストレスレスなサロペで、しかも低価格・・・ってなかなか珍しい。  デニムカラーやチノベージュなどややラフな印象の色合いがラインナップされていますが、すっきりとしたアンクル丈でダボダボとしたルーズな印象もない。ストラップは細幅で女性的な華奢なイメージ、サロペ特有の「カジュアル感」は上手に打ち消されています。  またデザイン性だけでなく腰回りのシルエットも隠せるので体型カバーにもちょうど良い。シンプルなユニクロのTシャツに一点足すだけでおしゃれが作れます。おすすめ。
次のページ 
ユニクロと同じグループのブランドも
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ