News

木嶋佳苗、3回目の獄中結婚後に「夫が憎い!」。激しいディスり方に戦慄

 交際していた3人の男性を殺害したとされる「首都圏連続不審死事件」で死刑判決が確定した木嶋佳苗死刑囚が、3度目の獄中結婚をしていたと、『週刊文春』4月25日発売号が報じて大きな話題になっています。
神林 広恵, 高橋 ユキ「木嶋佳苗 法廷証言 (宝島SUGOI文庫)

神林 広恵, 高橋 ユキ「木嶋佳苗 法廷証言 (宝島SUGOI文庫)

 相手は、なんと『週刊新潮』のデスク。週刊文春の記事によると結婚したのは2018年の1月、週刊新潮で木嶋佳苗の手記を担当したあと、取材者と被取材者の関係を超えたそうです。

木嶋佳苗、ブログに夫への赤裸々な心情を綴る

 木嶋佳苗死刑囚は、刑務所の中にいながら、2018年5月までブログを更新。現在の夫と思われる男性は、「王子」として何度も何度も登場しています。 ===========  王子への思いがエロスであるとハッキリ自覚したのは今年になってから。  盲愛しているというよりは、王子の変態性を観察し、めでているのです。私と気が合うくらいですがら、王子は普通の男じゃありませんのよ。変態なのに普通のフリもできるお利口さんです。  美しい容姿を持つ、理知的で英邁な人傑の王子とのお付き合いが、いかに私の心の安寧に寄与しているか!  王子の変態性とウイットが、いかに私を癒やし慰められているか! (2017年05月29日のブログより抜粋) ===========  ……と、べた褒め。大変な入れ込みようです(新潮デスク氏は「王子=私という訳ではない」と言っていますが)。

去年1月に結婚、5月にはもう「夫が憎い!」

 そして2018年1月に晴れて、3度目の獄中結婚。ところが、その約4ケ月後のブログでは一転、不満を爆発させているのです。   最新で最後となる2018年5月10日のブログは、「朝目覚めた瞬間に『夫が憎い!』と思ったことがありますか?」という不穏な一文で始まります。
「木嶋佳苗の拘置所日記」2018年05月10日15:10投稿より

「木嶋佳苗の拘置所日記」2018年05月10日15:10投稿より

===========  朝、目覚めた瞬間に「夫が憎い!」と思ったことがありますか? 私はあります。   もうすっかりおなじみになった「夫が憎い」という感情も、起床と共に湧き上がるとは、さすがの私も驚きを禁じ得ない。  事の発端は「シルクのソックス」だった。(中略、絹100%の靴下をはいて寝ていることを明かす)  夫が買ってくれたシルクのソックスは、手にしたときからえっと思った。シルクの肌触りがないケミカル感を不審に思った。(中略)  私の足が蒸れている! このソックスには間違いなく化学繊維が混じっている。(中略)起きたばかりなのに疲れを感じる気重な朝。夫が憎い。 (2018年5月10日のブログより抜粋) ===========  木嶋香苗は過去のブログでも、男性たちからの贈り物に不満だと、怒りを爆発させているのです。
「木嶋佳苗の拘置所日記」2018年05月10日15:10投稿より

「木嶋佳苗の拘置所日記」2018年05月10日15:10投稿より

「変態的にむっつりして陰気な男」とまで…

 木嶋佳苗はさっそく夫に、「シルク100%じゃない」とハガキを出します。すると夫からは「イラつくハガキがやってきた」という返信が……。そこからは、夫への罵詈雑言も飛び出します。 ===========  変態的にむっつりして陰気な男なのです。  外では朗らかな笑みを絶やさない快活な好青年という仮面をかぶって生活しているんじゃないでしょうか。温厚篤実な人柄が評価されている男なのに、妻にだけキレるんです。怖い。 (2018年5月10日のブログより抜粋) ===========  夫が、実際にどういう人かはわかりません。ただ、あんなにベタ惚れしていた相手を、ここまでディスって公開する彼女の内面に、戦慄を覚えるのです。

あけすけな結婚観「夫の役目は物をくれることなのだ」

 そして、同投稿では結婚観についても語っています。 ===========  私は「夫に頼って甘えて生きて行けばいい」という思想が好きで、これは伊集院静さんの言葉なのですが「女の方がエライんだから」と続き、更に「支え合って生きるなんて幻想は抱かない」で結ばれます。  私はこれを実践しているのですが、男尊女卑の考え方とは違いますね。女の方が偉いんだから! (中略、「旦那」とは仏教で「布施する人」の意味だと引用し)  夫の役目は物をくれることなのだ。 (2018年5月10日のブログより抜粋) ===========  木嶋香苗が、一連の事件で男性たちから貢がせたりだまし取った額は、合計1億円以上だとされています。上記ブログの“思想”からすれば、そこに罪悪感などなかったのかもしれません。 

2番めの夫について「私はもう我慢ならんのだ」

 さかのぼって、2017年8月13日のブログ。そこには、2番目の夫に対する気持ちが綴られていました。当時、夫に離婚の意を告げた木嶋佳苗死刑囚。しかし、夫からは「離婚する気はありません」との返事が。 「俺は佳苗が好きなんです。あなたの人を思いやる優しい気持ちや愛嬌のある素晴らしい体が大好きなんです」と夫から返信が来たことに対しての怒りをブログにしたためています。
佐野 眞一「別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判」講談社

佐野 眞一「別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判」講談社

===========  え……。愛嬌?体の賛美に愛嬌?私の体が素晴らしいですって?あぁ、キモいな。夫よ、ストーカーみたいな目で私を見ないでくれ。早く別れてくれ。時計と靴までドン・キホーテで買ってる男が夫だということに、私はもう我慢ならんのだ。2着目は安くなるというそのスーツが嫌いなのだ。 (中略)  私は麻のシャツとかラコステのポロを着て会いに来る男の人じゃないとイヤなのだ。ファッションや装いというワードさえ会話に出ない男性はつまらないのだ。 (中略) 「ユニクロの涼しいやつ着てる」って言われたとき、もう駄目だって思った。ごめんね。黒を着ておけば大丈夫と思ってるそのファッション、お葬式か墓参りに行くようにしか見えないから。素直に別れて。 (2017年8月13日のブログより抜粋)) ===========  と、2番目の夫を全否定しています。  ファッションへの並々ならぬこだわり。女王様感。また、夫も含め、あらゆる男性を性的な視線で見て、不満があると罵詈雑言を投げつける。彼女は獄中でも全くブレてない…。  木嶋佳苗らしさに戦慄するしかないブログなのでした。 <文/満知缶子> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 この記事もチェック⇒スイーツ狂・木嶋佳苗被告のグルメ日記、改めて見ると使える【死刑確定】
満知缶子
ミーハーなライター。主に芸能ネタ、ときどき恋愛エピソードも。
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ