Lifestyle

夫がスナチャ「女顔フィルター」きっかけで、目覚めてしまった喜びとは……

 ふとした出会いやきっかけで、新たな趣味や自分の一面を発見してしまうことってありませんか?
スマホを見て驚く女性

画像はイメージです(以下同じ)

 衣料メーカー勤務のYさん(35歳)と結婚して3年になる青山里美さん(仮名・32歳・主婦)は、旦那さんのそんな「新たな一面に覚醒した瞬間」に出会ってしまったようです。 「昨年長女も生まれて、家族仲も良い方だと思いますが…ちょっと心配な事がありまして」という里美さん。いったい何があったのでしょうか?

女顔フィルターの自分が亡くなった母にそっくり

「先日Yと話題の『スナップチャット』で遊んでいて、女顔フィルターをかけて見せてあげたんですよ」  するとYさんが「あれ、これお母さんそっくりだ」と最初は笑っていたのですが…。 「実はYの母親、13年前に交通事故で亡くなっていて…しかもスゴく仲が良かったらしいんですよ」 スナップチャットきっかけで夫が Yさんは無理をして平静を保とうとしていましたが、涙目になっていたのですぐに話題を変えたという里美さん。 「それからすっかりYの元気がなくなり、なんだかいつもボンヤリしていて私が話しかけても、あまり聞いていないような感じになってしまって」  悲しい出来事を思い出させてしまい、申し訳なかったと里美さんは、落ち込んだそう。 「ですがある朝から、Yが急に元気になって…本当に良かったとホッとしていたんですよ」

寝静まった後に夜な夜なメイクを

 その晩、里美さんがトイレに起きるとリビングでYさんがコソコソ何かしていたので、静かに近づいてみると…。 「なんとYが私の化粧品でメイクしていたんですよ…なんか、見てはいけないものを見てしまった感じがして心臓がバクバクしました」 驚く女性 すると、里美さんの気配に気づき「ぎゃ~!」と悲鳴をあげる夫。 「私と目が合うと、申し訳なさそうな顔をして『勝手に化粧品使ってごめんなさい!』ってYが深々と頭を下げたんですよ。いやいやそんな事よりもっと気になる事あるからって感じでしたね」  話を聞くとYさんは、しばらくお母さんの事を思い出してセンチメンタルになっていましたが…「そうだ、スナチャの女顔フィルターをかけた時の自分の顔を参考にメイクをしてみよう」と思いついたそう。  コッソリ里美さんが寝静まった後で実行してみたところ…思っていた以上にお母さんそっくりになり、自分の中にお母さんがいるようでとても嬉しい気持ちになったと、メイクをした顔のままで語りました。 「しかもYは子供の頃、お母さんがメイクしているのを見るのが大好きだったって言うんですよ…なんか切なくなってしまってつい『化粧品はいくらでも使っていいから』と言ってしまいましたね」
次のページ 
夫の楽しみ方はどんどんエスカレートして……
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ