Fashion

「ゆかたの選び方」30〜40代に似合う上品な柄とは?

 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角 佑宇子(すみゆうこ)です。8月も後半ですが、まだまだ花火大会などのイベントが盛りだくさんですね。花火大会といえば浴衣を着ていく人も多いのではないでしょうか。
浴衣

画像:WEAR 古典柄をベースにしたURBAN RESEARCH ROSSO WOMENのゆかた(¥37,800)

 しかし、アパレルショップなどでは見れば見るほど若い子向けというか…妙齢のアラサー・アラフォーが着るには微妙な色・柄も多い。一体どこへ行けば大人の女性にピッタリな浴衣が見つかるのでしょうか。そこで今回は、30~40代向けの女性にオススメする浴衣の柄選びと探し方についてご紹介いたします。

専門店、オンラインショップ、雑誌でリサーチを

 アラサーやアラフォー女性が浴衣を着るとなるとできれば周りの友達から「おっ! 素敵」と思われるような品の良いデザインを選びたいものです。ですが、大人女性向けの浴衣というのは実店舗にもあるにはあるのですが、正直、柄がイマイチ……。メインユーザーである10代後半から20代の女性向けの愛らしいデザインの方がまだまだ多いです。  なので、30代・40代の女性は浴衣・着物の専門店か、ミドルエイジ向けのセレクトショップ、オンラインショップでリサーチをかけると比較的好みのデザインに出会うことができます。また、ファッション雑誌はターゲットのセグメントが明確なので、ご自身の年代にマッチしたファッション誌に掲載されている浴衣を重点的に探してみると良さそうですよ。

アラサーからは、古典柄を取り入れる

アラサーさんのオススメの浴衣柄「古典柄」 ここ数年の浴衣は懐古的な柄が人気を博しています。若い女性の間では椿柄や愛らしい金魚モチーフ、紫陽花柄なんかも人気が高いですね。ただ、これらの柄はアラサー以降の女性にとっては製品によってマッチする・しないが大きく分かれてしまうので取り入れるにも注意が必要です。  その点、比較的大人の女性でもマッチしやすく相性の良い柄が、矢羽根柄、市松柄、麻の葉柄、七宝柄、菊模様です。いずれも昔からある古典柄なため、流行り廃(すた)りなく安心して着られる品の良さがあります。  とはいえ、大人の女性でも少し遊びの利かせどころ入れたいですよね。華やかさをプラスするために、帯と浴衣の色は対照的な色を起用すると良いでしょう。例えば、紺色の浴衣に合わせる帯は山吹色、藤色の浴衣に合わせる帯は若草色など。メリハリの効いた色合わせをすることで、ただ古典的な装いにとどまらない現代的なおしゃれさも際立ちます。ぜひ、浴衣の色・柄だけでなく、帯にまで力を入れてみてくださいね。
次のページ 
アラフォーからは馴染みの良い色・柄を
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ