Love

名古屋の女子アナの不倫告発は誰が?二股不倫を暴露された女性の場合

 今、名古屋の放送局が熱い! らしい。  CBCテレビの女子アナウンサーが、産休中の先輩女子アナウンサーの夫と不倫している…と、SNSでこと細かに暴露するアカウントが突如現れたのだ。このアカウントは、彼女がつきあっていた元東海テレビの男性のものだという情報がネット上を駆けめぐったが、その男性が「事実無根、自分は関係ない」旨をツイートした。
女性アナウンサー女子アナテレビ局

写真はイメージです(以下同じ)

 告発したのが誰だったのか、不倫相手と女子アナウンサーの電話の音声やLINEトークまでどうやって手に入れたのか…などハッキリしたことはいまだ不明。だが、元東海テレビの男性ではなかったにせよ、彼女の恋人男性ではないか…と考える向きも多いだろう。  不倫のあげくにひどい別れ方をされて、恨んだ女性が相手に社会的制裁を加えるという話はときどき聞くが、男性もこうした行為に及ぶ時代になっているのだろうか。

恋人がいたのに上司と関係をもって……

「私、こういうことをされたんです。つきあっていた彼に」  そう言うのはキヨエさん(34歳)だ。30歳のころから、社内の同期男性とつきあうようになった。彼はいい人なのだが、どうも恋愛相手として心揺さぶられない。 「なんとなくつきあってはいましたが、彼のほうは結婚したいとテンションが上がっていく。私は結婚はまだしたくないとはぐらかす。そんな感じでした。別れたほうがいいなと思ってはいたんですが、別れを切り出すタイミングがむずかしくて。そんなとき、異動してきた上司と仲良くなってしまったんです」  上司は一回り年上の既婚者。音楽や絵画などの芸術に造詣(ぞうけい)が深く、キヨエさんはどんどん上司に惹かれていった。上司は彼女の恋心を最初は拒絶、友人関係が続いていたが、半年ほどたったところで「結婚しているのに、きみへの気持ちが抑えきれない」と告白された。 不倫の恋 そうなったら男と女は止まらない。周囲にバレないようにと細心の注意を払っていたが、キヨエさんがもともとつきあっていた彼ときちんと切れていなかったため、事態は深刻なものへとなっていった。 「私が彼を甘く見ていたんですよね。彼はそんなに怒りを爆発させるタイプじゃない、と。しかも私が彼にすごく惚れているわけではないことを彼自身わかっていたはずだし、このまま自然消滅すればいいと思っていた。  たまに彼には会っていましたけど、会う回数を減らしていたのでわかってくれるんじゃないかと……」
次のページ 
会社に一斉メールが回って…
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ