Lifestyle

「私なんて…」で始まる「自虐風マウンティング」。どう対処すればいい?

「私なんて」の枕詞で自分を過度に貶(おとし)める、いわゆる“自虐”する人っていますよね。本人が真剣に悩んでいるならこちらも真摯に対応しますが、「マチコは大人っぽくていいよね~、私なんてホント童顔で、この前高校生に間違われちゃった!」なんて……これって自虐?  いいえ、それは自虐に見せかけたマウンティング。今回は、厄介な『自虐風マウンティング』にはどう対応すべきか、対処法をご紹介します。

人はなぜマウンティングをしてしまうのか?

 動物が群れの中で己の優位性を示す行為マウンティング。二足歩行し、火を操り、今やブラックホールの撮影に成功するほど文明を発展させてきた私達人類も、動物である限りはこのマウンティングの本能からは逃れられないのでしょうか?! ふぉーちゅん・自虐風マウンティング しかし、様々な道具を進化・発展させながら繁栄してきた人類は、マウンティングさえも進化・発展させ、一見自分を貶めているように見せかけて、実はマウンティングをしている『自虐風マウンティング』という高等テクニックを生み出したのです。

「私なんて…」で始まる自虐風マウンティング

『自虐風マウンティング』は女性同士にもよく観察されます。空気を読み和を尊ぶとされる日本人、奥ゆかしく角が立つことを恐れる大和撫子ともなれば、露骨なマウンティングはご法度。そこで登場するのが『自虐風マウンティング』なんです。 ふぉーちゅん・自虐風マウンティング「いいなあ、マチコはそんなシックな色が似合って! 私なんて童顔だからピンクとか可愛い系しかダメなんだよね」  褒められているはずなのに、何故だかモヤっとする……これぞ『自虐風マウンティング』。 “え、なに? 私は老けてるって言いたいの? てか、可愛い系しかダメとか、よう自分から言えたな!” 『自虐風マウンティング』が厄介なのは、表面上は自虐という体裁を保っているため、仕掛けられた側は直接反撃しにくく、あまつさえ「そんなことないよ~」とフォローを求められる点。結果、釈然としない思いばかりが募ることに……。

撃退! 自虐風マウンティングはこう対応する

 そんな厄介な『自虐風マウンティング』には、どう対応すべきか、ご紹介します。  ★自虐風マウンティング返し ふぉーちゅん・自虐風マウンティング 目には目を、歯には歯を。『自虐風マウンティング』には『自虐風マウンティング』を。闘いのゴングを鳴らしましょう。 「ハルカってホント化粧上手で羨ましい。私なんてほとんどスッピンだよ~」 「えー、そんなことないよ。私、不器用だし。アケミちゃんみたいに、器用にカラコン入れたりアイプチできないもん」  ただし、やり過ぎると双方後に引けなくなるのでご注意を。  ★受け流す ふぉーちゅん・自虐風マウンティング いっそのこと受け流すというのも1つの手です。 「もう~ナンパばっかりで困る~私ってそんなに隙があるように見えるのかな~マユミみたいにしっかりしてたらナンパされないんだろうな~」 「そうだね、ミドリってホントに隙だらけで、いつか詐欺に引っかかるよ。詐欺と言えばさ~」  このように、マウンティングはなかったことにして、さっさと話を切り替えせば、場も円くおさまります。受け流し続ければ、そのうち相手も諦めてくれるはず……多分。  ★同じ土俵に立たない ふぉーちゅん・自虐風マウンティング 争いは同じレベルの者同士でしか生まれません。  ヒトから猿へはマウンティングしないですよね。同じヒトだと思うからこそ、腹が立つというもの。いっそのこと動物博士の目線で相手の動物的行動=マウンティングを観察してみては?  ★距離をとる  あまりにうっとうしいなら、相手との関係を根本から見直しましょう。そんなに『自虐風マウンティング』ばかりする人物、みなさんの人生に必要ありますか?  ただ、失敗すると逆にこじれてしまう可能性もあるので、慎重に。

上手な付き合い方を覚えよう

 見栄をはるのはコンプレックスの裏返しという説もあります。もしかしたら、いつも彼女が『自虐風マウンティング』するのは、自信のなさの現れなのかも……。  そう考えれば、きっと心にも余裕が生まれ、鷹揚と付き合えるかもしれません。 <コンテンツ提供/ふぉーちゅん> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
ふぉーちゅん
コスメ・メイク・ビューティーなど20代~30代のオトナ女子に最新のトレンドをお届け。デパコスからプチプラまで人気ブランドの新作化粧品や限定情報も盛りだくさん。口コミや商品情報をランキングでチェックしたり、プレゼントキャンペーンに参加できる企画も。無料女子向けニュースアプリふぉーちゅん
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ