Entertainment

不倫報道後も“たくましく生きる”有名人5選

今井絵理子 不倫いじりのヤジもなんのその

「子育て支援を」 「女性の声を政界に届けます」  来る7月21日の参院選挙に向け、各地で応援演説に精を出す今井絵理子参院議員。ダンス&ボーカルグループ「SPEED」から16年に政界転身を遂げた元芸能人は、知名度を生かして自民党のプロモーション活動に一役買っています。
 今井議員は前夫と離婚後、聴覚障害を持つ子どもを女手一つで育て、その姿が子育て世代の女性たちから支持を集めていました。ところが17年7月、当時神戸市議会議員だった橋本健氏との不倫が『週刊新潮』により発覚。仕事で大阪へ向かう新幹線車内での手つなぎ、パジャマ姿でホテルの同じ部屋に消える姿を掲載され、脇の甘さを露呈しました。  その後、橋本氏は政務活動費の不正受給が発覚し、議員を辞職。18年11月には神戸地裁判決によって、懲役1年6月、執行猶予4年が確定。もちろん離婚もしました。  一方の今井は、応援演説でのヤジもなんのその。「まだ新幹線で手を握ってるんですか?」「責任取れ、不倫野郎!」とヤジが飛び交うなか、芸能界で鍛えられた鋼のメンタルで奔走しています。  ちなみに対照的な道を歩むことになったふたりですが、18年10月に今井が自身のブログで橋本との「交際宣言」をし、再婚話も出ています。

山尾志桜里 イケメンとW不倫、アメリカ出張まで

 東大卒の元検事、山尾志桜里衆院議員も週刊誌に狙われた一人。イケメン弁護士とのW不倫が17年9月に『週刊文春』で報じられ、責任を取って民進党(当時)を離党しました。
山尾

(画像:山尾志桜里公式サイト)

 無所属で出馬した同年10月の衆院選で当選し立憲民主党入りすると、11月にはこの弁護士男性が山尾事務所の政策顧問に就任。男性は11月末で離婚しました。山尾議員も後を追うように、今年2月にIT関連会社を経営する夫と協議離婚。5月には必要な事前の届け出なしで男性と「無断アメリカ出張」していたことを『文春』にスクープされ、「(手続きを)不注意で失念した」とまたもや謝罪に追い込まれています。政界引退もささやかれる山尾議員の動向はいかに。 <文/女子SPA!編集部> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
女子SPA!編集部
ちゃっかり生きる、賢い女性のホンネ情報サイト。SPA!編集部の女性ライターたちが読者目線で情報を提供します。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ