Entertainment

『いだてん』の女性選手たちに涙。もう低視聴率とか関係ない

 NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(日曜・夜8時~)の第二部が、第25回(6月30日放送)にスタートしました。  熱いファンがいる一方で、1ケタ続きの低視聴率が取りざたされてきた『いだてん』。ですが、「最近、がぜん面白くなってきた」という声が聞かれるのです。キーポイントは「女性アスリート」です。

上白石萌歌が演じる前畑秀子が登場

 第二部は、舞台が昭和初期に移り、東京オリンピック招致の立役者である新聞記者・田畑政治(阿部サダヲ)が主人公です。
いだてん水泳

『いだてん』第27回(写真:NHK提供)

 第27回(7月14日放送)には実在の天才水泳選手・前畑秀子が登場、演じる上白石萌歌(かみしらいし・もか)は、7kgも増量して役に挑んだそう。今後、前畑が昭和11年のベルリンオリンピックで日本女性初の金メダルをとるまでのドラマは、どう考えたって感涙必至でしょう。 『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』などの著書があるライター・田幸和歌子さんも、『いだてん』女性アスリート陣への期待を語ります。 「テニスや陸上で活躍した村田富江(黒島結菜)、そして陸上で銀メダルをとった実在の人見絹枝(菅原小春)…。女子スポーツの世界が描かれるようになってからは、物語もスッキリと見やすく、内容的にどんどん盛り上がりを見せています。  男性の決めたルールや常識・世間体を押し付けられる女性たちが感じる不条理さは、現代の女性にも通じるものがあるだけに、共感もしやすい。脚本の宮藤官九郎さんは、そうした女性が背負わされている不条理さや苦悩、喜びや楽しみ、選択や決断を描くのが、実にうまいです。  説教臭くなく、青く、テレや笑いをまじえて描いていくのがクドカンならでは。大いに盛り上がったこの勢いが、今後につながることを楽しみにしています」(田幸さん)

人見絹枝の“神回”で、期待度が爆上がりした人も

「女性アスリートの物語が面白い」と視聴者に確信させたのは、第26回(7月7日放送)の「明日なき暴走」。平均視聴率は7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でしたが、ネット上には感動の声があふれました。
いだてん人見絹枝

菅原小春が演じた人見絹枝(写真:NHK提供)

「演出の大根仁監督がtwitterで“神回”と予告していました。たいていは制作サイドが神回を宣言すると、観る者はひいてしまうものですが、これは上がりまくったハードルを軽々と超えていく、大げさでなく“神回”でした」(田幸さん)  この回は、陸上選手・人見絹枝が、昭和3年のアムステルダムオリンピックで銀メダルを獲得した話。演じた菅原小春は、ダンサー・振付け師で、昨年末の紅白歌合戦で米津玄師とパフォーマンスをしていましたね。演技未経験の彼女を抜擢した『いだてん』制作陣は、すごい! 「菅原小春さんにとって初演技仕事で巡り合えた、この奇跡的なキャスティング。『人見絹枝が憑依したよう』という賛辞がネット上には続出していましたが、何か神がかり的なものを感じてしまいます。ダンサーだからこその身体能力の高さ、品の良さ、他の人では出せない圧倒的な存在感がありました。  野生的な強い目ヂカラには、登場したばかりの頃は、おびえや不信感の色が見えましたが、それが信頼できる先生たちの支えによって優しく強い意志の色へと変わっていきます。  身長170cmの恵まれた体格は、日本では面と向かって『バケモノ』と呼ばれ、傷ついた気持ちを隠すように笑顔を見せますが、その作り笑顔のへたくそさが涙を誘います。トクヨ先生(寺島しのぶ)にもらったヘアピンを大事そうに髪につけ、あんこのサンドイッチ『シベリア』を美味しそうに食べる姿はいじらしく、可愛らしく、純粋無垢な小さな少女のようにすら見えました」(田幸さん)
次のページ 
「女はダメだ」と闘った彼女たち
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ