Lifestyle

タピオカにはしゃいだアラフォー女性が痛い目に「激甘でめまいが…」

 専門店が乱立し、ブームが拡大し続けているタピオカドリンク。そんななか、「私はもう二度とタピオカドリンクは飲みません」と宣言する安藤ゆかりさん(仮名・39歳・不動産)。なんでも約10年ぶりに飲んだタピオカドリンクで、かなり痛い目に遭ってしまったのだとか……。
タピオカドリンク

写真はイメージです(以下同)

 タピオカ事件が起きたのは、安藤さん夫婦の結婚記念日。

結婚10年目、夫婦二人きりのデートで大はしゃぎ

「今年は10年目の結婚記念日で、しかもちょうど休日だったんです。なので、『久しぶりに夫婦二人きりでディナーをしよう!』と計画し、義母に子どもたちのお守りをお願いしたら、『せっかくだから早めに出かけてデートを楽しんだら?』と言ってくれて。予約困難なフレンチを旦那が頑張って予約してくれ、当日は昼過ぎに出かけました」  2人が向かったのは、結婚前に旦那さんが暮らしていた思い出の街。 「その街には私もよく遊びに行っていたので、2人でプラプラ歩いているとすっかり恋人時代に戻った気分になっちゃって。『すいぶん変わったね~』『このお店まだある!』などと、年甲斐もなくキャッキャと散策を楽しんでいました」  そんなとき安藤さんの目にとまったのが、人気のタピオカドリンク店。 「もちろんタピオカブームは知っていましたが、うちは下の子がまだ3歳でタピオカを飲むのは危険そうなので、スーパーなどで見かけてもスルーしてたんです。私もたいして興味がなかったですしね。でも、その日はすっかり浮かれモードだったので飲んでみたくなり、若者に混ざってはしゃいで購入しちゃったんです」

想定外の激甘タピオカにびっくり

 安藤さんが選んだのは、先に並んでいた女子大生と思しきグループがこぞって注文していたものと同じドリンク。 「甘いラテに甘いタピオカがたっぷり入っているらしく、シロップ抜きもオーダーできるようでしたが、先のグループの子が『甘めで!』と言っていたので、『甘いほうがおいしいんだろう』とシロップは抜かずに注文しました。タピオカドリンクは、結婚前に友人と行った香港旅行でタピオカミルクティーを飲んで以来だったのですが、薄味の印象が残っていましたしね」  ところが、一口飲んでビックリ! 想像以上に激甘だったのです。 「普段からコーヒーはブラック、紅茶も砂糖なしで飲んでる私にとっては、まるで喉が焼けつくような甘さ。で、『ちょっと舌を休ませよう』と思いタピオカをすすってみたら、こっちも舌に絡みつくように甘い(涙)。甘いものが苦手な旦那は、一口飲んだだけでもうノーサンキューでした」
次のページ 
それでも、無理して飲み続けたら…
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ