Lifestyle

彼と婚約破棄して考えた「幸せな人生って一体なに?」

 令和元年、私は一人になった。  突然ですがこんにちは。恋愛ジャーナリストのおおしまりえです。“恋愛の専門家”として恋愛相談に乗ったり婚活スポットに足を運んだり、結婚データをさらってみたり、そして私自身も幸せのために日々トライアンドエラーを繰り返す生き方を仕事の1つとしています。 幸せとは 恋愛のプロのように思われる私ですが、令和直前、4年半付き合っていた男性と別れることになり、久々に野に放たれることになりました。  気づけば恋人がいないことがずいぶん久しぶりです。改めて、一人感じる東京の風はちょっとだけ冷たい。そして、一人で帰る家も、なんだか寂しい。まあそれは慣れの問題なのですが、ふと思うのです。 「で、私の人生の“正解”はなんなのだろうか?」と。

自分の人生の“正解”を考える

 いきなり“正解”なんて言い方をしましたが、そもそも人生に正解、不正解なんて概念はありません。  いわば私にとっての“最大限満足する人生”とはなんなのかという素朴な疑問です。よく考えれば、私たち女性は、幼少の頃から様々な幸せのフォーマットを教え込まれて来ました。 ・女の子らしくしなさい ・好きを仕事にしなさい ・いつか白馬に乗った王子様が現れる ・大人になったら好きな人と結婚する ・悠々自適に過ごす ・子供を生んで一人前 ・家族とは仲良くしなさい ・良妻賢母
結婚

結婚することが幸せなのか?(写真はイメージです。以下、同)

 中には差別的な言葉もありますが、時代や人によって、様々な“幸せ”が私たちの中に刷り込まれてきました。でも、時代は令和。幸せのフォーマットは画一的ではありません。

男性の幸せはバリューセット、女性の幸せはビュッフェスタイル

 男性の幸せのモデルも多様化しつつありますが、女性のソレに比べると、まだある程度はフォーマット化されているように思います。  やりたい仕事、結婚、子を持つ、マイホーム、出世、結婚などなど。複数を両立させても、ベースは社会的な成功にあるような気がして、選択肢も評価軸が増えたとしても、まだまだシンプルなイメージです。
次のページ 
一方、女性の幸せは?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ