Entertainment
Beauty

整形男子アレンが語る失敗施術。整形9000万円のパトロンは誰?

 美容整形にかけた費用の総額は9000万円以上という“整形男子”のアレンさん。19歳のとき、初めて鼻を高くする手術を経験して以来、本格的な美容整形手術から美容注射まで、さまざまなジャンルの美容整形を経験してきたそう。もちろん、成功することもあれば、施術後に思わぬトラブルに直面することも……。 【前回の記事】⇒整形男子アレンが語る恐怖の整形失敗談。アゴからシリコンが… 整形男子アレン 今回は「まさか、こんなことになるなんて……!!!」と愕然とした、美容整形失敗エピソードについて聞きました。

ヒアルロン酸でアヒル口どころか本物のアヒルに……

整形男子アレン――これまでに、美容整形の手術や施術が終わったあとで、「まさか、こんなことになるなんて……!!!」とショックを受けたことはありますか。 アレン「ありますよ! アレンね、ぷっくりした唇ってセクシーでいいなって思っていて、ヒアルロン注射を2ヶ月に1回打ち続けてるんですよ。きれいな形にするためには、唇のどこにどれぐらいヒアルロン酸を注入するかって、すごく重要なんだけど。『そんなのどうでもいいから、とにかくたくさんヒアルロン酸を入れまくりたい!』と思っちゃった時期があって。 担当してくれた先生に反対されたのも聞かないで、本来必要な量の倍ぐらいのヒアルロン酸注射を打ってもらったら……アヒルみたいになっちゃったの!」 ――“アヒル口”じゃなくて、本物のアヒル……? アレン「そう! 唇がとんでもなくふくれあがって、ちょっと笑っちゃう感じ。年をとると、男性も女性もみんな、唇がやせてきてショボショボになるでしょ。でも、ヒアルロン酸注射を打つと、ハリも出るし、しわもなくなる。何歳になってもトゥルンとした唇をキープできるから、40~50代ぐらいの女性で『私もやってる』っていう人、すごく多い。 唇のヒアルロン酸注射自体は、すごくおすすめなんだけど、アレンみたいに、先生の言うことを無視して大量に注射してもらうのはホント、ヤバいからやめてね」 ――その後、どうされたんですか。 アレン「正直、アレンとしては、見た目はOKだったの。ちょっと大きすぎる気もするけど、これぐらいのほうがインパクトあるかなとも思ったし。ただ、問題は唇がぷるんぷるんしすぎて、口が閉じない。飲み物を飲もうとすると、ダラダラこぼしちゃうし、何か食べようにもとしても唇が邪魔で咀嚼できない(笑)」 ――食事ができない!? アレン「そうなの。施術をしてくれた先生にも『さすがに日常生活が送れないのはマズいでしょ』と説得されて、泣く泣くヒアルロン酸を溶かす注射をしてもらいました。口さえ閉じられたら、そのままにしておいても良かったんだけど」
整形男子アレン

医療用サリチル酸ピーリングをしているアレンさん

――ヒアルロン酸なら、いずれ体内に吸収されちゃうし安心」というイメージがありますけど、打ち過ぎは注意ですね……。 アレン「実際、ヒアルロン酸注射とかボトックス注射は“やり直し”もきくし、本格的な美容施術に比べたら断然、気軽なんです。ただ、イメージ通りの仕上がりにするには、さじ加減も重要。実はアレンは、けっこうヒアルロン酸で失敗してます。 先生が止めるのもきかずに、ほっぺたに大量のヒアルロン酸を注射してもらったときも、施術が終わってびっくり。彫りが深いなんてもんじゃなくて、“頬骨が突き出た人”になっちゃった……」 ――ちょいちょいヒアルロン酸の量を欲張ってますね。 アレン「せっかくだから、一度にたくさん入れてもらえば……って思うのが、間違いなんですよね。あと、先生が『やめたほうがいい』『おすすめしない』って言ったら、きちんと耳を傾けましょう!」
次のページ 
歯にかけた金額にのけぞった
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ