Lifestyle

真夜中に帰省した女性の恐怖体験。インターフォンを連打する背後に…

 お盆のシーズン、実家に帰省する方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。かくいう筆者も、毎年地元のお祭りに行くために帰省する一人。とはいえ、私は関東生まれで片道40分程度で実家に着いてしまうので、この時期だけでなく頻繁に戻ってはいるんですけどね。  そんな具合でつい先日も、ぬるっと地元に帰ってました。他県住みの友達が帰省したというので、駅前で飲み会をしたんです。久しぶりの再会とあって、つもる話で盛り上がりまくり。気が付いたら既に終電はありません。本当は日帰りで飲み会終わりに帰宅する予定でしたが、急きょ実家に立ち寄ることにしました。
飲み会帰りに家のあるマンションへ向かう女性

写真はイメージです

実家は自殺者が後を絶たないマンション

 実家のあるマンションまでは、駅前から徒歩20分ほど。友達と解散したのが1時30分を過ぎた頃だったので、マンションに着く頃は午前2時を周ろうとしていました。 「めっちゃ嫌な時間に帰ってきちゃったなぁ……」  私は心底そう思ってました。実をいうと、私が生まれてから30年以上暮らしていたマンションは妙に自殺者の多いところなのです。私がざっと思い出すだけでも10件以上。とある部屋の玄関前で見ず知らずの女性が亡くなっていたなんて謎の事件もありました。  霊感のある友人が、たまたま家の前を通りかかった時に「千代子さんの住んでるマンション、黒い大きな人が覆いかぶさってるよね」なんて言われたこともあります。これだけ書けばお分かりいただけると思いますが、霊感なんてほぼゼロな私でも「ここ、絶対なんかある」と思わずにいられない、なかなか怖い実家なのです。

実家の前に見知らぬおばさんがいる

実家の前に見知らぬおばさんがいる さて、私の実家のある部屋はそのマンションの最上階。しかもエレベーターから最も遠い角部屋です。辿り着くまでが異様に遠い。しかも、住人が老人ばかりになったせいか、深夜に人気どころか物音一つ無い。私はビクビクしながらエレベーターに乗り、自宅への廊下を恐々と歩きました。  一歩一歩、自宅へと近づきながら、ふと私は違和感を覚えました。私の実家の目の前には階段があるのですが、その踊り場に人の気配があるのです。よく見ると小柄なおばさんがそこに佇んでいました。 「えっ、何あれ、怖い」と、背中にゾッと悪寒が走り、実家のインターフォンを連打。なかなかドアは開きませんでしたが、その間私は絶対に後ろを振り返りませんでした。あのおばさんが居ても怖いし、消えてたらもっと怖いし、もし私の後ろに来ていたら……。  嫌な想像が頭を巡りました。しかし、寝ぼけまなこの母がようやく鍵をオープン。ようやく私は安心して部屋の中に入りました。
次のページ 
母親の口から衝撃の事実が…
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ