News

小泉進次郎&滝川クリステルの結婚報道で「小泉家の闇」にマスコミが触れない不思議

 自民党の小泉進次郎議員(38)とフリーアナウンサーの滝川クリステル(41)が7日、総理官邸で結婚発表を行いました。まさかの大物カップル誕生にマスコミは“祝賀モード”一色に染まっています。  中でも、進次郎や兄の俳優・孝太郎(41)のパパ・純一郎元総理(77)が愛情あふれるシングルファーザーで、小泉家が輝かしいセレブファミリーのように描かれていますよね。でも、アラフォー以上なら、この美談仕立てに「そうか?」と違和感を持つ人も多いはずです。

純一郎氏の離婚、三男への仕打ちはスルー?

「政治家、小泉純一郎のマネはしたくないけど、父親としては小泉純一郎のようになりたい。愛情深く、心から自分が親から愛されていると思わせてくれた」と語った進次郎氏。  確かに進次郎氏にとっては良きパパだったのでしょう。でも、「純一郎氏が、元妻と三男に対していかに冷酷だったか」という週刊誌報道が、かつて吹き荒れたことがあるのです。純一郎氏が妊娠6ケ月の妻と離婚したこと、そして進次郎議員の下の三男とは26年間会っていなかっことは、これまでに多く報じられており周知の事実です。  ところが、なぜか今回の報道では、そういった経緯にほとんど触れない美談仕立て。また会見でも、記者から“進次郎議員の母親に報告は?”という質問も出ませんでした。政治家相手に忖度(そんたく)する必要もないのに、「なかったこと」にされているのが不思議です。  滝川クリステルが親族関係を結ぶ小泉一家とは、どんなファミリーなのでしょうか。 小泉進次郎

小泉家の歴史

 純一郎氏は1978年、当時青山学院大学4年生だった15歳下の一般女性・宮本佳代子さんとお見合い結婚。同年7月に長男の孝太郎が生まれました。81年4月には次男の進次郎が誕生。  しかし翌82年、純一郎氏と宮本さんは約5年の結婚生活に終止符を打ちます。このとき宮本さんは妊娠6カ月でした。 <日に日におなかが大きく膨(ふく)らむ中で、「ひとりで元気な子を産むことができるのか」という不安――二重の不安に押しつぶされそうで毎日泣き続けていました>  シニア女性向け雑誌『いきいき』(現・ハルメク)2016年4月号の独占インタビューで、当時の胸中をそう語った宮本さん。  小泉家は3代続く政治一家で家族の結束が非常に強く、結婚後も義母、義姉たち、義弟夫妻が同居していたそうです。  一方、エスエス製薬の創業者の孫である宮本さんは、政治家に必要な“票とカネ”を「集める苦労も知らない嫁」として小泉家のメンバーから疎んじられ、また、ただ義家族と同居するだけではなく生活費を夫・純一郎からではなく義姉から受け取っており、20歳も離れた義姉たちに「口答えひとつ許されず服従するしかなかった」と『週刊現代』(2001年8月18・25日号)で報じられています。  協議離婚後、跡取りとなる長男と次男を小泉家は手放さず、そして83年に生まれた三男・佳長さんも小泉家に引き取られそうになりましたが、家裁の調停で争った結果、親権を勝ち取った宮本さんが育てることになったそう(前出『週刊現代』より)。  離婚で心身ボロボロになったうえに息子たちと「生き別れ」の状態になり<一生分の涙を流した気がする>(前出『いきいき』、以下角カッコ内は同)と語っています。
次のページ 
三男が父に会いに行くも拒否
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ