Entertainment

嵐のハワイツアー「約30万円、平日」にファンが悲鳴

ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ

 歌舞伎の演目に『勧進帳』というのがあります。

 これは舞台『滝沢歌舞伎』(滝沢秀明主演)でも人気のシーンで、源頼朝の怒りを買った義経が、変装して平泉に逃れようとする際のエピソードです。

 関守・富樫左衛門(林翔太・They武道)の目を欺くべく、山伏に扮した弁慶(京本政樹)は、ありもしない勧進帳をエア朗読したり、杖で荷物持ちの義経(滝沢)をぶっ叩いたりしてみせ、「オレらマジ勧進の山伏だから通してくれや!」とアピール。

 富樫は「忠誠心厚い弁慶が主君を叩くとかクッソつらいはず」と感服し、ウソと知って道を通してやる。弁慶の心意気と富樫の人情味あふれる采配にグッとくる、ステキ場面と言えましょう。

ジャニヲタ勧進帳! 嵐と過ごす夏休み



イラスト:ジャニヲタ勧進帳! さて、2014年夏。

 ジャニヲタに、勧進帳ばりの大芝居を打つべき事案が発生しました。

 それは、『ARASHI BLAST in Hawaii』!

 デビュー15周年を記念してハワイで開催される、嵐のコンサートです。

 日本からはファンクラブ会員を対象にパックツアーが販売されますが、期間は9月中旬から5日~7日ほど。約30万円というツアー代もさることながら、社会人ヲタにとってイタイのは、「休みを取りづらい」こと!

「嵐のハワイツアーに行きたいので、9月に休みま~す!」なんてカラッと宣言できる状況ならいい。

 職場によっては、「夏休みはお盆期間」と決められているとか、「取引先の休暇に準ずる」とか、「部内で順番に休む」とか、「ずらす場合は理由を添えて事前に申請」なんてところもあるかと思います。

 これが、「実家の父の入院に付き添う」とか、「親友がパリで挙式する」というような、プチ不幸や冠婚葬祭系なら認められやすいものの、「嵐に会いに」的な理由では、上司も判を押す手を止めてしまうかもしれません。

 のちのちのリスクを考えれば正直に話すのがいちばんですが、どう転んでもそんなノリが許されない職場もありましょう。それでも諦めきれないのであれば、カンペキにウソを突き通すしかありません。

 今回、嵐のステージはハワイなので、軽く日焼けして帰っても不自然でない設定を考えましょう。「母親の還暦祝いに家族でマウイに行く」とか、「沖縄のいとこの結婚式に参列する」あたりにしておけば、フォローもしやすいかと思います。

 帰国後、「松潤、カッコよかった?」なんてカマをかけられても、「もう最高でしたー!」とかいってボロを出さないように。マカダミアナッツとかちんすこうとか、設定に合ったおみやげも、ぬかりなく用意しておきたいところです。

正直に言える職場ならいいけれど……



 まぁ嵐に限らず、社会人に優しくないスケジュールをババン! と打ち出してくるのがジャニーズ事務所。ド平日に2Days、3Daysとかぶっ込んでくるのも日常茶飯事です。

 先日、まさにド平日に2日間行なわれたジャニーズジュニアのコンサート『ガムシャラ J’s Party!!』に参加したときのこと。

 地方から夜行バスで来たという女性が、「家族には友達の引っ越し祝いに行くって言って、職場には骨折した父の付き添いで休むってことにしてきた!」と話しているのを耳にしました。

 ミルフィーユのように二重、三重にウソを重ねても、好きなタレントに会いたいのがジャニヲタです。

 上司やご家族のみなさんにおかれましては、部下や娘が「9月に休みを取りたい」と言い出し、「この理由はウソだろ!」と思っても、弁慶を見逃した富樫のように、そっとスルーしてやっていただきたいものです。

【ARASHI BLAST in Hawaii】
嵐のハワイコンサートは、9月19日(金)、20日(土)に、ハワイ オアフ島 ホノルル郊外で開催。嵐ファンクラブ会員を対象に、6月10日までエントリー受付中。抽選に当たればツアーに参加できる。まずはそこから!

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>

【みきーる】
みきーる編集者&ライター。出版社勤務を経て、2000年に独立。ふだんは『週刊アスキー』などパソコン誌や女性誌、ウェブサイトで編集・執筆。著作に『ジャニヲタあるある』『ジャニヲタあるある フレッシュ』『ジャニヲタ談話室!』など(イラストはいずれも二平瑞樹)。ジャニヲタ歴は、約20年。KinKi Kidsの担当に始まり、現在はグループを問わず応援する“事務所担”。mixiコミュニティ“ジャニーズチケットお見合い処”管理人。Twitterアカウント:@mikiru

みきーる
ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。 ●Twitterアカウント:@mikiru ●公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!
ジャニヲタあるある フレッシュ

『ジャニヲタあるある』がシリーズ化! 待望の第2弾、登場!!




あなたにおすすめ