Entertainment

おしどり芸能夫婦の妻が明かした、“刺激的すぎる”円満の秘訣とは

「その気になったらその場でメイク・ラブ」「4秒で妊娠したとわかった」などなど、夫ウィル・スミス(50)との夫婦生活を赤裸々に語ってきた女優ジェイダ・ピンケット=スミス(47)。  ハリウッド屈指のおしどり夫婦として、22年に渡る結婚生活を送ってきたウィルとジェイダだが、かつては離婚危機がささやかれていた時期もあった。そんな2人が今でも夫婦として仲良く暮らしていることについてジェイダは、長続きの秘訣は「刺激的なセックスライフ」とまたしてもぶっちゃけ発言。だが、結婚や夫婦における問題、そして性生活を包み隠さず語るのには理由があるようだ。
ウィル・スミス、ジェイダ・ピンケット=スミス

ウィル・スミス(左)&ジェイダ・ピンケット=スミス(右)夫妻

私がセックストイを使い性生活をおくっていることに皆ショックを受けている。けどそんなの私だけじゃないって断言できる」 「何も恥じることなんてないし、セックスに関する人々の反応、特に女性のセクシャリティが未だにタブーだという事は驚きよ」  イギリスのタブロド誌「ザ・サン」でこのように語ったジェイダ。結婚生活には大人のおもちゃが不可欠だと明かしている。確か以前、「セックスは飽きさせないための努力が必要」と語っていたことがあったが、そのためにも道具が必要ということか……。  そんな夫妻には2人の子供がいる。セックス後に4秒で授かったというジェイデン(21)と、しっかり者のウィロー(18)だ。だが、2人の愛する子供たちに恵まれながらも、夫婦は危機的な状況に陥ったこともあったようだ。

「離婚は不可避」といわれていた時期も……

 1997年に結婚したジェイダとウィル。ウィルは俳優として大成し、2人の子供とともに、一家で豊かな暮らしを送っていた。しかし2011年になると、ジェイダが共演俳優と浮気したという疑惑が浮上、それを皮切りに夫婦の問題が次々と明るみになった。  一時は、離婚は回避できないだろうともいわれていた2人。だが、その危機を夫婦は乗り越えた。そして、結婚に関する問題についてオープンでいることで、夫とより仲が良くなったとジェイダは語る。
ウィルと私は、世間で信じられているパートナーシップに関して一石を投じたかった。それがあたかも簡単にいくと思われていることにね」 「どんなパートナーシップであろうと、誰しもが困難を経験するもの。だから同じ業界の人たちも私たちに対して、ポジティブな反応を示してくれているわ」 「ちゃんと座って、自分のパートナーと話をする。それをみんなに気づいてもらえたと思っているの」

おしどり夫婦が明かす長続きの秘訣

 若いころは「結婚なんかしたくなかった」と明かしたこともあったジェイダ。ウィルとの「普通ではない結婚」について以前こう明かしていた。 「型にはまった結婚に私は向いていないってわかったの。『妻』っていう言葉……自由のない鳥籠(カゴ)って感じ。結婚する前でさえ、(結婚は)私を殺すって思ってた。実際殺されかけたし!」 「だから皆がこういった問題で試行錯誤している時に、自分の経験をシェアしてみたらどうかってね。それで私たちは(夫婦の)問題を公にすることにしたの。だって、それは一種の癒しでもあるから。そういうことを理解せずに、対人関係というものが成り立つのか疑問だわ」
 一方、夫のウィルも過去のインタビューで、夫婦が抱えていた問題について明かしたことがあった。その中で語られたのは、結婚生活を保つためには、「各々がそれぞれ自分の問題に向き合うということが大切」ということ。実際、夫婦は別々にカウンセリングを受け、それぞれが抱える問題を解決したことで、結婚生活を正常な状態に戻すことができたようだ。そして何より、「決してあきらめないこと」とウィルは語る。  問題をオープンに語ること、パートナーとしっかり話をすること、自らが抱える問題に向き合い諦めないこと。そして、大人のおもちゃで刺激的な性生活を送ることが、夫婦長続きの秘訣ということになるだろうか。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ