Entertainment
Love

男を取り合って女がモンスター化!女×女バトルのコワ~い真相

―婚活サバイバル番組「バチェラー・ジャパン」シーズン3丸わかり―  いつの時代も男をめぐる女同士の関係には争いが付きもの。時にはその激しさが相まって、常識を遥かに超えたモンスターのような存在になってしまう女性もいるのです。 『バチェラー・ジャパン』シーズン3 女の争い そして女性たちの熱いバトルと言えば、リアル婚活サバイバル番組「バチェラー・ジャパン」(Amazon プライム・ビデオでシーズン3が配信中。毎週金曜日に最新話を配信)! たった1人の理想の男性「バチェラー」の「運命の人」になるべく、20名の女性たちが自信の持てる全てを使って闘います。  今回は、シーズン3がスタートするこの番組の大ファンである3名の女性たちで座談会を決行。彼女たちの周りにいる身近な“モンスター”女たちについて、たっぷり語ってもらいました。

参加した女性たち

プロフィール画像

(左から)アヤコさん、サオリさん、マナカさん

アヤコさん(40代) おっとり癒し系OL。自分の人生とは重ならない非日常感を求めてバチェラーを観るようになった。 サオリさん(30代) 男に夢を見る頃は過ぎた大人のキャリア系OL。バチェラーはスポーツ観戦と同じ感覚で楽しんでいる。 マナカさん(20代) 自称”2.5軍”の港区OL。女たちが自分の武器を使って成り上がっていく様に惹かれてバチェラーにハマる。

モンスター女は男によって作られる?

マナカさん:正直、私はモンスターな女との遭遇ってあんまり無いんですよ。よく港区飲みに行くんですけど、あそこは凄い格差社会なんですね。私、所詮は2.5軍くらいの女なもんで(笑)。一軍の女たちからは喋りかけられもしない。ゆえに、争いごとなんて起こりようもない。 アヤコさん:いや、その声も掛けない女たちってある意味モンスターじゃない(笑)? 私の場合は友達の話になっちゃうんだけど、その子はもう分かりやすくバチェラー系男子にハマってたの。ただ、その相手は結婚する気が全く無いという。 サオリさん:あ~、いるよね。「縛られたくない」ってタイプの……。 アヤコさん:そう。友達はその人と2人きりで花火大会とかも行って、付き合ってるも同然みたいな気持ちになってたんだけど、女友達数人と行ったDJイベントでその男が別の女とイチャついてるところに遭遇しちゃったんだって。完全に頭に血が上った友達は、そのバチェラー野郎に飛び蹴りカマしたの。その瞬間にオリジナルラブの『接吻』が「長く~ 甘い~ くちづけをか~わす~」って流れ始めて……歌とのギャップに友達はその場で崩れ落ちて大号泣という惨事を聞いた……。 マナカさん:それってアヤコさんの友達がモンスター女ですよね! 絶対、連れられてた女のトラウマになってると思う(笑)。

「バチェラー・ジャパン」シーズン3を 今すぐ見たい人はこちら>>>

自分を取り合う女たちの姿が大好きサブカル男

サオリさん:私はまあ、ここ数年はめっきりそういう恋の表舞台には上がっていないんだけど、7~8年くらい前にはあったかなー。下北沢周辺に住む人間同士、狭いコミュニティでサブカル男をサブカル女で取り合う貧乏バチェラーみたいな時期。 アヤコさん:貧乏バチェラー(爆笑)。凄いパワーワードだね。 サオリさん:その時に私が好きだったのが、イベントとかにゲストでよく出てる「会いに行ける文化人」みたいなライターで。ソイツがイベントに自分のお気に入りの女子を呼んで、この日は誰が選ばれるか……みたいな世界を繰り広げてた。 マナカさん:そんなん、本当にバチェラーじゃないですか(笑)!
修羅場 三角関係

写真はイメージです

サオリさん:で、私がたまたま選ばれた日があったんだけど、2人でイベント会場出たら選ばれなかった女の1人からその男に100回くらい着信があったの! 近くにある男の部屋で一夜を過ごそうとしたんだけど、ふと見たら窓に人影があってガンガン叩いてくるの! アヤコさん:きゃああ!怖い~~~。で、その夜はどうしたの? イチャイチャは続行したの? サオリさん:そんな気もう無くなっちゃったよ。こっそり裏口から出て帰った。その後、私とその子との争いに疲れた男が、私たちの行きつけのブラジル料理屋の店員に手を出して三つ巴という泥沼になりましたとさ。 マナカさん:いや、でもそれって男が完全に煽ってません? わざわざ同じ場所に呼び出して、闘争心バチバチに燃やさせるわけでしょう? アヤコさん:その状況を眺めるのが嬉しかったのかもしれないよね。自分を取り合う女たちの争う姿が大好物だったとか。 サオリさん:そう。結局、その男のやり口がモンスター女を生んでいるような気がするんだよね。つまり、モンスター女っていうのは男によって作られてるものなんじゃないかって思うんだ。

「バチェラー・ジャパン」シーズン3を 今すぐ見たい人はこちら>>>

シーズン3はバチェラー史上最強のモンスターぞろい!

マナカさん:友永真也さんって予告動画を見る限りだと、まさにそういうモンスターを作るタイプの男のような気がしてるんですけど。
『バチェラー・ジャパン』シーズン3 バチェラー 友永 真也

友永 真也 ◆ 31歳◆ 青年実業家◆兵庫県「 バチェラー たるもの、素直であれ、誠実であれ、謙虚であれ」

※友永真也(31歳)/シーズン3の新バチェラー。兵庫県出身。28歳で貿易会社を興した青年実業家であり、家族が経営する医療法人の理事でもある。 サオリさん:わかる、わかる。あの「学んでや。これくらいされたら男の心はグラつく」って、煽り以外の何物でもないと思う。 アヤコさん:しかも、それを天然でやってそうなところが怖い。経歴を見る限り、かなりお坊ちゃん育ちのようだし、計算はしてなさそうなの。 マナカさん:「裏表がない人が好き」とは言ってるけど、どうだかな~。その辺がわかる人なのかが疑問ですね。 サオリさん:でも、今までで一番男っぽい雰囲気なんだよね。前シーズンの2人とも柔和なタイプだったからそこは新鮮。 アヤコさん:ああ、そうかも。わりと封建的な旦那さんになりそうと言うか。 サオリさん:で、それはそれで面白い(笑)。 マナカさん:親が開業医、お兄さんも医者。すごく愛されて育ってるだろうから、人から愛されて当然みたいな人なんだと思うんです。でもその分、愛を万遍なく分け与えるだけに、モンスターをどんどんナチュラルに生み出していきそうアヤコさん:あと、今までのバチェラーの中で一番若いんだよね。結婚相手を見つけるとは言ってるけど、まだ結婚に向いてる云々じゃなくて「好き」「嫌い」だけで判断しちゃうのではないかとも。 サオリさん:良い意味で恋愛感情で突っ走って、楽しませてくれそうなバチェラーだよね。

「バチェラー・ジャパン」シーズン3を 今すぐ見たい人はこちら>>>

ズバリ、シーズン3のこの女性こそがモンスター!

サオリさん:女性陣で言うと、私が一番注目してるのが徳田さん。今回のメンバーでは一番年下だけど、良い意味であんまり若い子な感じが無い。素直に美人だと思うし、意外といい線行くんじゃないかと思ってる。
『バチェラー・ジャパン』シーズン3 候補者 徳田 祐里

徳田 祐里 ◆ 21歳◆ アパレル店員◆宮崎県「軽ノリ最年少ガール」

※徳田祐里(21歳)/宮崎県出身のアパレル店員。キャッチフレーズは「軽乗り最年少ガール」 アヤコさん:私が気になるのは野原さんかなぁ。とにかくパンチが強い感じ。こういうタイプはこれまでことごとく落とされてきてるから、そろそろ違うタイプに勝ち上がって欲しい気持ちがある。
『バチェラー・ジャパン』シーズン3 候補者 野原 遥

野原 遥 ◆ 28歳◆ 広告代理店広報◆茨城県「強いだけの女じゃないの」

※野原遥(28歳)/茨城県出身の広告代理店広報。キャッチフレーズは「強いだけの女じゃないの」 マナカさん:純粋に応援したいのは、韓国から参戦してる李さんですね。「自分が一番」っていう潔さが好きです。正直、シーズン毎にどんどん女たちの自信の持ち方が凄くなってると思うんだけど、その中でも彼女は抜群にプライドが高いんじゃないかな。どんどん周りを蹴落として行って欲しいです。
『バチェラー・ジャパン』シーズン3 候補者 李 起林

李 起林 ◆26歳◆通訳・翻訳◆韓国「一番になれるのは私だけ」

※李起林(26歳)/韓国出身の通訳・翻訳家。キャッチコピーは「一番になれるのは私だけ」 サオリさん:逆に直ぐに落ちそうな人って誰だと思う? 私はライターの永合さん。こういうサブカル感って、バチェラーには求められてないんだよなー。同じような理由でメルヘンも無し。
『バチェラー・ジャパン』シーズン3 候補者 永合 弘乃

永合 弘乃 ◆ 27歳◆ 恋愛ライター◆愛媛県「妄想恋愛ライター」

※永合弘乃(27歳)/愛媛県出身の恋愛ライター。キャッチコピーは「妄想恋愛ライター」 マナカさん:メルヘンって国分さんのことですよね? ぶっちゃけ、この2人とは私も戦える気がするんですよ(笑)。でも、逆にこれまで全くのノーマークなジャンルの人たちなので、もっと注目されるべきじゃないかとも思ってます。
『バチェラー・ジャパン』シーズン3 候補者 国分 亜美

国分 亜美 ◆ 29歳◆ 社長秘書◆北海道「メルヘン嫌いですか?」

※国分亜美(29歳)/北海道出身の社長秘書。キャッチコピーは「メルヘン嫌いですか?」

「バチェラー・ジャパン」シーズン3を 今すぐ見たい人はこちら>>>

気が付いたらバチェラーのそばにいそうなのは…

アヤコさん:●ッチという肩書きの加賀美さんは、本当にそういう雰囲気がでているところが凄い。もし本命じゃなくて側室をプラス2人選んでもいいってなったら選ばれそうな感じ。
『バチェラー・ジャパン』シーズン3 候補者 加賀美 碧

加賀美 碧 ◆ 26歳◆ 下町娘◆東京都「 真面目系ポジティブ●ッチ」

※加賀美碧(26歳)/東京都出身の下町娘。キャッチコピーは「真面目系ポジティブ●ッチ」 マナカさん:あと、社長令嬢の高田さんも気になりますね。この人はヒール役として暴れてくれそう。モンスター的存在の匂いがします。
『バチェラー・ジャパン』シーズン3 候補者 髙田 汐美

髙田 汐美 ◆ 26歳◆ 無職/社長令嬢◆埼玉県「放し飼いのご令嬢」

※高田汐美(26歳)/埼玉県出身の社長令嬢。キャッチコピーは「放し飼いのご令嬢」 サオリさん:金髪の中川さんも予告で既に敵視されててモンスター候補だけど、あれはブラフな気がする。面白枠として1回、2回では落とされないけど本命になる感じでは無さげ。
『バチェラー・ジャパン』シーズン3 候補者 中川 友里

中川 友里 ◆ 29歳◆ DJ◆石川県「 DJは迷走中」

※中川友里(29歳)/石川県出身のDJ。キャッチコピーは「DJは迷走中」 マナカさん:順当に考えると、岩間さんが選ばれる可能性が高そうです。これまでのシーズンで選ばれてきた人と同じ、ちょっと幸が薄い自信無さげなタイプ。
『バチェラー・ジャパン』シーズン3 候補者 岩間 恵

岩間 恵 ◆ 25歳◆ ぶどう農家◆山梨県「気がつくと不幸なの」

※岩間恵(25歳)/山梨県出身のぶどう農家。キャッチコピーは「気が付くと不幸なの」 アヤコさん:こういう子が、一歩引いたところで結局全てを操ってるってオチはあり得ると思う。 サオリさん:最初は全く目立たないかもしれないけど、1対1のデートになると途端に力を発揮して来るんじゃないかな。気が付いたら常にバチェラーの隣にいるのが当たり前になってて、結局持って行っちゃうとかね。最終的な台風の目というか、一番のモンスターになるのは、もしかしたら岩間さんかもしれないね。

「バチェラー・ジャパン」シーズン3を 今すぐ見たい人はこちら>>>

ついにスタートするラブバトル!バチェラーフリークが語る見どころは?

アヤコさん:今回のシーズン3で一番気になるところとしては、スキンシップの激化かな。シーズン2であずあず(野田あず沙)がバチェラーにオイルマッサージをして話題になったけど、今回のメンバーはあれを既に見て来てる人たちなわけで……。 ※野田あず沙/シーズン2に出演した神奈川県出身の元プロ野球チアリーダー。 マナカさん:そう、それ以上のことをするだけの覚悟を以ってるってことですよ。既に心持ちが違ってるんだと思います。 「バチェラー・ジャパン」シーズン3サオリさん:オイルマッサージがスタートラインって凄いことだよね。予告動画を見る限りでも、既にベタベタ度が以前を軽く凌駕している気がする。こりゃ自己肯定感を高めないと戦えなさそうだな~。 アヤコさん:さらに言えば、バチェラーの友永さんこそがモンスターを無意識に生み出すタイプときたもんだ。 サオリさん:これは下手すると全員がモンスター化する大バトルもあり得る。とんでもない戦いが期待できそうだね。 マナカさん:絶対に目が離せないです!

「バチェラー・ジャパン」シーズン3を 今すぐ見たい人はこちら>>>

(C)2019 Warner Bros.International Television Production Limited.All rights reserved. <文/もちづき千代子、イラスト/やましたともこ、提供/Amazon プライム・ビデオ> ―特集・婚活サバイバル番組「バチェラー・ジャパン」シーズン3 丸わかり
もちづき千代子
フリーライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像エディター・メーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を開始。度を超したぽっちゃり体型がチャームポイント。
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ