Entertainment
Love

バチェラー3・友永真也氏の王子力が凄まじい。これは本性なのか?|辛酸なめ子

いまどきの男を知る会 ファイルNo.17 友永真也氏の王子力】  9月13日からAmazon プライム・ビデオで始まった「バチェラー・ジャパン」シーズン3(毎週金曜日に最新話を配信)。20人の女性たちが1人のバチェラーを奪い合うリアル婚活サバイバル番組です。3代目バチェラーに選ばれたのが、友永真也氏。貿易会社を経営するフランス育ちの実業家で、医者の父親は医療法人を経営しています。紹介動画では赤いフェラーリを乗り回す姿が。 「求めているのは心が強い女性」「今回の長い旅で自分自身成長できるかなって」と、正論っぽいことを語りながら、ゴージャスなバスルームでシャンパングラスを傾ける姿(入浴中の飲酒は危険です……)が動画におさめられていました。こういう番組に出る実業家って、ギラギラしていてうさんくささが漂っているのでは? と半信半疑で番組を観はじめました。 「バチェラー・ジャパン」シーズン3より パリッとしたスーツ姿で登場した友永真也氏。実業家界にはあまりいなさそうなタイプの、絶妙な濃度のイケメンです。例えれば、キムタクと向井理と織田裕二を足して割って、若干ゴージャス松野のスパイス(オールバックと日焼けのせい?)を振りかけたような……。どう見てもモテまくっていそうですが、これまで自分のタイプの女子とばかり付き合っていたけれど結婚にいたらず、もしかしたら自分の本当のタイプは違うのかもしれない、という思いに至ったとのこと。

「バチェラー・ジャパン」シーズン3を 今すぐ見たい人はこちら>>>

ガチで好青年かもしれない

 第一回目を見て感じたのは、友永真也氏の体力と博愛精神。屋外のロケ場所で、ずっと立ち続けて次から次へとやってくる女性20人の本気を受け止め続けなければなりません。体力に関しては、本人も「大丈夫ですよ、体強いんで」と公言。普通なら疲労の色が濃厚になったり、投げやりになったりしそうなものですが、友永氏は、終始変わらず、笑顔で目をまっすぐ見て女性たちと会話していました。 「バチェラー・ジャパン」シーズン3より ふだん彼の周りにはいなさそうな個性派の女性たち(DJやアニメ声のブリっ子など)にも平等にナイスな態度で接しています、若いイケメンにありがちな傲慢さとして、好みのルックスじゃない女性相手だとぞんざいな態度になってしまったりしますが、友永氏の場合は全くそんな気配がなく、これはガチで好青年なのかもしれない……と思えてきました。瞳もどことなく澄んでいるような……。女性たちも生身の彼と接してどんどん好きになっていっているのが見てわかりました。

「バチェラー・ジャパン」シーズン3を 今すぐ見たい人はこちら>>>

そこはかとなく松岡修造みを感じる

 でも、回を重ねるごとに、ただの良い人ではなく、基本は草食ではなく肉食系、関西人らしいフランクさとノリの良さが出てきました。女性たちの名前を瞬時に覚える記憶力に驚きましたが、さり気なく名前で呼んだり、肩や腰に腕を回したり、スキンシップが極めて自然です。中高をフランスで過ごしたからでしょうか。 「バチェラー・ジャパン」シーズン3より「めっちゃ照れるやん」「素敵やわ」と、関西弁で距離を縮めます。「もっとはじけてほしい」「テンションを上げてほしい」「僕がはっちゃけて全員の殻を取ってやろう」「つまらなそうだと距離を感じる」といったノリ重視のコメントが目立っていて、内向的な女性だと厳しいものがあります。家族を大切にして、タフで明るくて、運動神経もそれなりにあって、犬好きで、リアクションをちゃんとする子が好みのようです。

女性たちとほぼ裸のふれ合いに下半身は…

女性たちとほぼ裸のふれ合いに下半身は… 女性たちの中には突然キスしたり、ハンモックで脚を絡ませたり、またがってマッサージしたりと肉体的なアプローチを仕掛ける猛者もいました。普通のおじさんなら目尻が下がってエロ目になるところですが、友永氏は人間としての理性的な表情を保っています。とくに下半身も反応していないようでした。恥ずかしさと嬉しさをないまぜにした素直な表情が好感度大です

「バチェラー・ジャパン」シーズン3を 今すぐ見たい人はこちら>>>

 友永氏のスキンシップには下心がなくて、もしかしたらヒーリングに近いものなのかもしれません。手を恋人つなぎにしたり、腰を抱いたりしても、いやらしさがほとんどなくて、まさに王子様キャラ。泣き出す女子やトラウマを告白する女子に対しては手を握ったり、肩を抱き寄せたり、ハンカチを渡したりして適切な対応で癒していました。お父さんがお医者さんということもあって、人を癒す力を受け継いでいるのでしょうか……。  でも、これはカメラが回っている場所だし、好青年を演じ切っているのでは?と心が汚れているもので疑いが抜け切れず、友永氏の過去のブログをチェックしてみました。すると……フランスで池に浮いて瀕死のハリネズミを救出し、肺から水を出したりタオルで拭いて温めてあげたりしている日記を発見。本当に優しくて博愛的なお方のようでした。もうこのままずっとバチェラーでいて、世の女性たちを癒して欲しい気もしてきます。3シーズンが回を重ねるごとに、友永ロスの時が近付いてくるのが恐ろしくなってきました。

「バチェラー・ジャパン」シーズン3を 今すぐ見たい人はこちら>>>

(C)2019 Warner Bros.International Television Production Limited.All rights reserved. <文&イラスト/辛酸なめ子 提供/Amazon プライム・ビデオ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】特集・婚活サバイバル番組「バチェラー・ジャパン」シーズン3 丸わかり
辛酸なめ子
東京都生まれ、埼玉育ち。漫画家、コラムニスト。著者は『辛酸なめ子と寺井広樹の「あの世の歩き方」』(マキノ出版)、『辛酸なめ子の現代社会学』(幻冬舎)、『女子校育ち』(筑摩書房)など多数。
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ