Lifestyle

入籍後に妻が不倫。結婚式前に離婚した地元結婚夫婦が街中の噂になって…

 人生で、最も記憶に残るイベント。結婚式は私たちにとって、そんな大切な記念日の一つですね。  結婚式は夫婦たち当人だけでなく、招待する友人たちにとっても重要なイベントでもあります。つまり結婚式が破綻することは、周りの友人たちにも迷惑をかけることになりかねません。
結婚

写真はイメージです(以下同じ)

 そもそも、結婚式が破綻するなんてことがあるのでしょうか? それが、あるんです。籍は入れたのに、結婚式を挙げる前に離婚になり、結婚式が挙げられなくなってしまった夫婦がいたのです。

地元の友人と一生懸命作った友人ムービーがお蔵入りに……

 先日、地元の友人同士の結婚式の準備のために、実家に帰省していたという森志乃さん(仮名・28歳)。 「地元を離れている人たちもみんなで予定を合わせて、友人女性の結婚式のために余興ムービーの撮影をしたんです。  シナリオを作って、練習して、撮影して編集して……。骨の折れる作業ですが、友人の最高の1日の演出のために、みんなで力を合わせて作ったものでした。  まさか、このムービーがお蔵入りになるなんて思ってもみませんでした。地元の友人同士で、かつ私が仲を取り持って結婚までこぎつけた二人が、あんなに簡単に離婚するなんて思ってもいなかったんです」  地元で親しい友人も多い者同士の結婚は喜ぶ人も多いですが、逆に離婚となると知れ渡るのも早く、理由によっては悪く言われることも多いでしょう。 離婚届 なぜ、そんな二人が離婚に至ってしまったのでしょうか。 「私はキューピッドだったこともあり、新婦から“あらまし”をLINEで聞くことになったのですが……あまりに単純な理由でア然としてしまいました」

新婦の浮気がLINEからバレて離婚に

 離婚の原因はなんと、新婦の浮気だったのです。そして、その相手は東京の飲み屋でナンパされた人なんだとか。ひんぱんに泊まりに行くことを不審に思った新郎が、新婦のスマホからLINEを見てしまったことがきっかけでした。 「しかもLINEの履歴なども全く消去などしておらず、LINEですべてバレてしまったんだそうです。LINE内のメッセージで”別れたら一緒になろう”というようなものも書いてあったらしく、数年遅れてセンテンススプリングじゃん……とあきれてしまいました」  センテンススプリング! ベッキーと「ゲスの極み乙女」川谷絵音の不倫報道で、『週刊文春』に掲載された彼らのLINEのスクリーンショットとされる写真内で文春を直訳したフレーズとして登場し、話題となったのも今となっては懐かしい話ですね。それはともかく、志乃さんはあきれ顔で続けます。 「さらに、新婦の今の職場は新郎のお母さんと一緒なんです。新郎のお母さんのコネで入ったようなものなのに、息子の嫁が浮気で離婚になったなんて、お母さんが一番つらいんじゃないかと同情してしまいます。地元が一緒で周りの交友関係が深かったことが、逆に災いしてしまったんです」 地元結婚の闇

平和な地元に突如訪れた地獄

 地元はコミュニティもせまいので、結婚や離婚で周りの人間関係をかき乱してしまうこともよくあります。しかも地方では噂が回るのも早いもの。この事件も、一気に地元中で話題になってしまったのだそう。 「嫁の不貞で結婚式が中止になったとか、旦那が浮かばれないとかいう話だけでなく、その下の兄弟は大丈夫かとか、嫁の両親は何考えてるんだ、というような話もところどころで噂されていて、夫婦だけでなく、両家ごと噂になってしまっている雰囲気がありました。  私たちの中にも、前祝いのパーティー代は返してほしいなんて意見の子もいましたし、同年代からも親世代からも、地元中の噂になってしまっていました。この話の早さが、地元婚の怖いところだなあと思いました」  せめて結婚式が終わって、ほとぼりが冷めた頃なら“よくある離婚”として片付けてもらえたのかもしれませんが、この夫婦はスピード離婚だったことと、結婚式まで中止になったことでさらなる悪評を生んでしまったようです。  地元婚に限らずとも、浮気別れになるようなことはすべきではないでしょうが……地元で結婚したいという気持ちがある人は、このような地元婚ならではの特徴も踏まえて、自分の行動を選択していくべきなのかもしれませんね。 ―冠婚葬祭・式典のトンデモエピソード― <文/ミクニシオリ イラスト/ただりえこ>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ