News
Love

マッチングアプリで最も「いいね」されたモテ男、フツーに友達紹介で運命の女性に出会う?

 マッチングアプリTinder(ティンダー)で、1万人以上もの女性から「いいね」をゲット、「Mr.ティンダー」の異名を持つ男がついに運命の女性と出会ったそう!  ところが、その方法はなんともアナログな友人の紹介。出会い系アプリの神が「出会いにアプリなんていらない」と語ったことが話題になっています。

出会い系アプリで人気の高い職業とは?

 Tinderは2012年にアメリカで誕生した出会い系アプリで、近距離にいるアプリ利用者が分かり、気になる相手に「いいね」を送ることができるというもの。  全世界で5000万人以上が利用し、2016年に行われたリオデジャネイロオリンピックでは、欧米各国の選手たちがTinderを利用して、「選手村での“交流”に精を出していた」とまことしやかに伝えられています。  このマッチングアプリを使ってデートしたい相手に「いいね」をしたり、「いいね」された相手にOKの返事をしたりするときに、スマートフォンのスクリーン上で行うのが右スワイプという動作。逆に「興味ない」と感じた相手には左スワイプをします。 『New York Post ニューヨーク・ポスト』によると、話題のMr. ティンダーは2017年に「最も右スワイプされた男」の一人に選ばれたステファン・ピエール・トムリン(29)。2年間で1万4600回、1日平均20人の女性から右スワイプされたイギリス人モデルです。
 彼はパイロットの免許を持っていることが伝えられていますが、実はTinderで女性人気が高い職業の上位に「パイロット」が入っていることが分かっています。  これは2018年秋のアメリカでのデータですが、『Business Insider ビジネス・インサイダー』によると、同アプリで人気の高い職業は、女性なら上から看護師、歯科医師、フォトグラファー、男性ならインテリアデザイナー、パイロット、フィジシャン・アシスタント(簡単な医療行為を行う医師のアシスタント)の順に並んでいました。  Mr. ティンダーはスタイル抜群なことが保証されたモデルであるだけでなく、人気の高いパイロット免許まで持っているのですから、右スワイプの数が多くなるのも納得です。

今まであんなにMr.ティンダーの立場を利用したのに……。

 そんな誰もが1度はデートしてみたいネット上のモテ男を射止めたのは、英人気オーディション番組『X Factor エックスファクター』にコンテスタントとして出演していた、ミュージシャンのナターシャ・ブーン(27)。
『The Sun ザ・サン』によれば、ステファンとナターシャが出会ったのは、Tinderとはまったく関係のない友人からの紹介だったのだとか。  ステファンは「真っ赤なタイトドレスに、真っ赤なリップ、トレンドのブロンドヘアが素晴らしく似合っていて、彼女の魅力に倒れそうになったよ。そんな体験、今までしたことがなかったからね」と語り、ナターシャに一目惚れしたことを明かしています。
 この体験から、愛を見つけるのにアプリは不要なことを悟ったというステファン。出会いから数カ月で同棲を始めた二人の相性は、最初から最高だったといいます。  Mr. ティンダーは今年始めに、右スワイプを意味するシングル『Swipe Right スワイプライト』をリリースし、ミュージシャンデビュー。
 また、2017年に「最も右スワイプされた男」の一人に選ばれてからは、英国の恋愛リアリティ番組『Celebes Go Dating セレブズ・ゴー・デーティング』に出演するなど、Mr.ティンダーの立場を思い切り利用してきたはずなのに……。まったくどうして、愛というのは人を変えてしまうものですね。  目下、彼の目標はナターシャと二人で音楽活動をすること。ゆくゆくは結婚し、家を建て、子どもを持って、と家族計画も進んでいるようです。 Sources:「New York Post」「Business Insider」「The Sun」 <文/橘エコ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
橘エコ
アメリカ在住のアラフォー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ゴシップ情報やアメリカ現地の様子を定点観測してはその実情を発信中。
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ