Lifestyle

6畳に猫163匹!多頭崩壊からの壮絶な救出劇が続く

「部屋に入ったとたん、もう、絶句しました…。アパートの6畳一間に、ぎっしり猫がいたんです」  そう振り返るのは、猫ボランティア団体「かつしかわんにゃんくらぶ」の代表、佐藤千鶴子さんです。数えてみたら、なんと163匹! 史上最大級の多頭崩壊(ペットに不妊手術をしなかったために異常繁殖して飼育不能になること)です。
多頭崩壊8月当時

8月当時の部屋

 今年7月に東京都内某所で発覚したこの多頭崩壊。必死の救出にも限度があり、今もまだ101匹が部屋に残っているのです(10月18日現在)。

警察の介入でやっと部屋に入って…絶句

 最初に異常に気づいたのは、「かつしかわんにゃんくらぶ」のA子さんでした。 「今年6月、猫の声が聞こえて、普通の数ではないとすぐわかりました。私とボランティアさんと保健所の人で訪ねたら、40代らしき女性が出てきて『猫は6匹しかいない』と。部屋には入れてもらえませんでした。  それから1ケ月ほどして、通行人が『異臭がひどい、人の死体があるのではないか』と警察に通報したんです。それで警察と一緒に部屋に入ってみたら…言葉もありませんでした! 猫で床が見えなかったですから」(A子さん)
多頭崩壊押し入れ

茶トラ、茶白が多く、サビ、ミケも

 エアコンもない締め切った6畳間で、ハァハァいっている熱中症の猫や、ケガをした猫もいました。トイレはたった2つで、新聞紙がトイレ替わり。子猫・乳のみ児も25頭いました。  この部屋に住む飼い主は病気で働けず、不妊手術をするお金がない。7年前に妊婦猫を1匹保護し、いつの間にか増えていたと言っていたそうです。

116匹を不妊手術、他団体も協力してくれた

 8月3日から、「かつしかわんにゃんくらぶ」を中心とした救出劇が始まりました。 「みんな汗だくでしたね。まず乳のみ児15匹を緊急保護しました。ミルクボランティアさんが寝る間も惜しんで育ててくれましたが、“半分ひからびた状態”だった子もいて、7匹が星になってしまいました。でも8匹は無事大きくなっています。  成猫のほうは、週3回通って毎回10匹ペースで医者に連れて行き、不妊手術をしてもらって…合計116匹を手術しましたね。ワクチンとウイルスチェックも全頭やりました。  人馴れしていないので、私たちが行くと押し入れにギュウ詰めに隠れちゃって大変です。  飼い主が『窓を開けたくない』というので、エアコンも付けたんです」(佐藤さん)
15頭のちのみご

15匹の乳のみ児も

元気になった保護子猫 保護10日後

保護10日後、元気になった乳のみ児ちゃん

 不妊手術など医療費だけでなんと139万7949円。これは支援者からの寄付・約72万円と、区からの手術助成金・約76万円でまかなえたものの、今後も餌代や医療費がいくらかかるかわかりません。  他団体の協力もありました。「たんぽぽの里」(神奈川県)が成猫21匹を、「どうぶつの福祉を考える会」(東京)が子猫を引き取ってくれ、里親募集中の猫もいます(各団体のHP参照)。また、「猫部はなはた」も多大な協力をしてくれたそう。
たんぽぽの里に行った子

「たんぽぽの里」に引き取られた子

脱水と栄養不足で死にかけていたちびっこ4頭元気に

脱水と栄養不足で死にかけていた子猫4匹も元気に

次のページ 
まだ部屋にいる101匹はどうなる?
1
2
Cxense Recommend widget
●「かつしかわんにゃんくらぶ」への寄付先
亀有信用金庫 青戸支店
普通口座1173623
佐藤千鶴子(サトウ チヅコ)


あなたにおすすめ