Entertainment

藤原竜也×山田孝之を直撃!『MONSTERZ』は笑えるサスペンス映画!?

 同世代にしていまの邦画界を引っ張る藤原竜也と山田孝之主演の『MONSTERZ モンスターズ』

 その瞳により他人を操ることができる“男”(藤原)と、唯一操れない男・終一(山田)が出会ってしまったことによって、壮絶な闘いへとなだれ込んでいくサスペンス・アクションエンターテイメントです。

 初共演となったふたりを直撃! インタビューは壮絶な闘いを繰り広げた本作とは思えぬ(あまりにそれが興じてプロデューサーが横から発言する場面まであった)、終始、冗談交じりのものになりました。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=97964

――操る男と唯一操られない男の物語をどうお感じになりましたか?

“男”役・藤原竜也

藤原:最初に脚本を読んだときに、見る者すべてを操り、自分の世界を作り上げている男という発想はキャラクターとして非常におもしろいなと思いましたね。

 ただ、どうやって操っているのか、どういう範囲まで操れるのかといった“男”のルールがなかなか分からない部分もあって。現場に入って中田(秀夫)監督の演出を受けて。とにかく現場での空気を大事にみんなで作っていった感じです。

山田:本作の場合はエンターテインメントとして観てもらえればいいと思ってるんです。それこそ僕としては笑ってもらってもいいと思ってるんですよ。緊張している場面でも。いやいや、そんなことないでしょとかって(笑)。

 それでもいい映画だと思うんです。なんか実際にこんなことが起きたらどうしようとか、そういう風には捉えてほしくないですね。

――序盤に藤原さんが公園にいた人々の動きを止めていた場面で、人のたこ焼きをとって食べてしまうところも、笑ってしまうといえばそうですね。

田中終一役・山田孝之

藤原:なんでたこ焼きを食うのか、僕もあまり分かっていなかったりする。でもそこはもう監督を信じて。そこはTHE中田フィルムですからね。

山田:あそこでお客さんも、なるほどそういうことをする映画なのねと思ってもらえればいいんじゃないですかね。

佐藤貴博プロデューサー:あそこは、“男”はこれまで人を操り、自分の世界の中でひとり好きなように生きてきたという描写です。だけど、その直後に急に操れない男が現れるわけです。

――“男”の愛読書が大友克洋さんの「AKIRA」でした。なぜ「AKIRA」だったのか、監督からお話しはあったりしました?

山田:考えてみたらすごいですよね。あの状態の息子に「AKIRA」を渡すっていう。鉄雄になっちゃいそうなのに。

藤原:僕は撮影の間に「AKIRA」を熟読してましたけど。役作りというか……。(山田に)ヘルプミー。

山田:なんでですか(笑)。役作りでいいじゃないですか。

藤原:役作りというか、なんで「AKIRA」であったかというのも、たこ焼き同様、のどまで出てたんですけど。子供の頃に母親から受け取り、母親のもとで、隣に常に孤独を感じながらも読んできた本が「AKIRA」だったと。

 鉄雄のように強くなり、母親に暴力をふるう父親に、いつか自分が力をつけて攻撃したいと。そういう思いがあっての「AKIRA」だったんじゃないでしょうか。

山田:でも“男”に「AKIRA」を渡した母親が間違いだったんじゃないかって思えてきちゃいますよね(笑)。

佐藤P:あれは「AKIRA」には鉄雄くんにも友達が現れるので、“男”のお母さんとしては友達ができるといいねという気持ちが込められていたんです。

藤原:さすがです。

山田:いまだにあれだけは母からもらったものとして持ってるんですもんね。

藤原:だからあれだけはないと不安で仕方がないという。監督が、常にこの本があれば自分はやっていけるんだと。この本が僕の支えだということを思っていてくださいとおっしゃっていましたね。

――同世代で演技派と称されているおふたりの初共演作になりましたが、いままで抱いていた印象と、実際に演技を交わしてみて印象が変わった部分などはありますか?

藤原:いろんな俳優さんがいますけど、本番に向けて似たようなアプローチをするのかなと思っていたら、割と逆でした。今回の映画に関しては、山田くんは非常に緻密に構築されていったイメージが僕の中にはあります。

 今回、僕の場合は監督に目ばっかり撮られていたので。本番直前まで、「こんなに目、いりますかね?」とか騒いでましたが。ただ撮影中はそのキャラクターですからね。だから今回、“男”と終一として共演してみて、違っていてしかりなんです。僕は“男”であり、山田くんは終一だったから。

山田:藤原さんは芝居のテンションというか、爆発力がすごい人だとずっと思っていました。しかも舞台だけじゃなくて、映像でもそれが伝わってくるのがすごい。それも異常に来るので(笑)。だからそれが楽しみでした。

 印象は変わってないです。やっぱスゲーパワーを持っている人だなって思ったし、あの目とかもそうですけど、ドン!とくるので。やっぱスゲー、瞬間的に爆発を起こせる人なんだなと思いました。

――藤原さんは役になりきっているとはいえ、自分以外の多くの人々が一瞬で止まってしまうという光景を見るのは楽しかったですか?

藤原:楽しいですよ。スタッフさんは大変ですけどね。笛を使って、100人くらいの規模のエキストラの方とか、俳優さんたちに、ピッって止まってもらったり、一気に動いてもらったり。僕は、そこに入っていって、パッて目を開けばいいわけでしょ(笑)。それは楽しいですよ。

――山田さんのほうは群衆に襲われていました。

山田:大変でしたよ。怪我しないようにみんなで集中してやんなきゃいけないから。

――歩道橋の上から落とされた花壇に潰されたり。

山田:あー、花壇は痛かったですね。

藤原:(爆笑)おかしいでしょ、(実際にやったら)死んじゃうでしょ!

山田:あれはまぁ、歩道橋から下に落ちるのはさすがに危ないってことでスタントの方にお願いしたんですけど、花壇くらいだったら自分で大丈夫ですって。

藤原:死んでるでしょ、頭割れてるでしょ!

山田:結構重くて、400キロくらいあったんですよね。

最後まで楽しい雰囲気のおふたりでしたが、本編ではとっても激しいバトルを繰り広げていますよ。

<TEXT&PHOTO/望月ふみ>

『MONSTERZ モンスターズ』は5月30日(金)より新宿ピカデリー他全国ロードショー 配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2014「MONSTERZ」FILM PARTNERS
オフィシャルサイト http:// www.monsterz-movie.jp

望月ふみ
70年代生まれのライター。ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画系を軸にエンタメネタを執筆。現在はインタビューを中心に活動中。




あなたにおすすめ