Fashion

流行りの「#カフェオレコーデ」とは?甘々すぎない着こなし方を伝授

 皆さんこんにちは、アパレルショップ店員のkusumaです。  最近インスタのハッシュタグで「#カフェオレコーデ」をよく見かけませんか? 「今更聞けないけど、カフェオレコーデって何?!」という方のために簡単に説明していきます。

まずカフェオレコーデとは?

 飲み物のカフェオレが由来で、ブラウン、ホワイト、ベージュ、キャメルなどをベースに使ったコーディネートを指しています。名前のイメージからは甘めなコーディネートを想像しがちですが、使う色の濃度やバランスを変えるだけで全く違ったコーディネートを楽しめることが一番の魅力ではないでしょうか。  では、さっそくコーディネートを紹介していきます!

かっこよくカフェオレコーデを楽しむなら

⇒ブラウンの面積を多くする、そしてブラックをほんの少しプラス
カフェオレコーデ DHOLIC

(以下画像:wearより)

 ブラウンのように濃い色をコーディネートの50%以上使うことで全体がキリッとしまる効果がありかっこいいコーディネートが作りやすくなります。そして下半身は色のトーンを少し明るくして、全体が暗くなりすぎることを防ぎましょう。互いの色を引き立ててくれる役割も期待できます。  トップスをブラックにする、または、仕上げにバッグや靴でさりげなくブラックを取り入れると、全体がキリッと引き締まり、クールな印象に近づきます。つまり、コーディネートのスパイス役としてブラックを入れてあげるのがポイントです。

優しくちょっぴり甘めスタイルなら

⇒ホワイトベースで全身の色のトーンを合わせてグラデーションを意識 カフェオレコーデ ワントーン 先程と正反対の甘めなイメージにしたいなら、トップスはホワイト系をもってくるとコーディネート全体が明るくなり柔らかい雰囲気が作れます。そして、なるべく同系色を合わせてナチュラルな色合いを意識しましょう。  だからといってワントーンで全部まとめてしまってはコーディネートがのっぺりとしてしまうので、ホワイト、ベージュ、キャメルといった色を上手にグラデーションしてあげるとオシャレさがより高まります。  全身が明るいからといって、甘々コーデにならないのがカフェオレ色の強みなので、誰でも楽しめちゃいますよ!
次のページ 
デニムやセットアップにも
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ