Beauty

腰痛がたった10秒でラクになるストレッチ。コツは「さすって、伸ばす」

 デスクワークで肩がこる、立ち仕事で脚がはる、等々。知らず知らずに力が入ってしまう、私達の身体。「力を抜けるようにするには、『インナーマッスル』をメインで身体を動かす感覚をつかむこと」と説くのは、『10秒で絶好調になる最強のストレッチ図鑑』。 10秒で絶好調になる 最強のストレッチ図鑑 著者でパーソナルトレーナーの柴雅仁氏は、ツイッターで公開した「10秒ストレッチ」で12万イイネを獲得しました。本書がいう「インナーマッスルを取り戻せば、コリや痛みなどの身体の動作の悩みが解決する」ストレッチを紹介していきましょう。

アウターマッスルとインナーマッスル

 本書いわく、身体には2種類の筋肉があるといいます。まずはアウターマッスルですが、「身体にある表面上の筋肉のこと。歩く、走る、物を持つといった大きな力を発揮するときに機能する」。次いでインナーマッスルは、「身体の奥深くにある筋肉のこと。姿勢を保持したり、関節を安定させつつ、滑らかかつ素早い動きを作る機能をもっている」。普段、私達はアウターマッスルをメインとして使っているので、必然的にバランスが崩れた状態になってしまうそうです。ゆえに、肩こりや脚のはりに苦しめられるというわけ。  本書のストレッチが他と違うのは、クロスポイントに焦点をあてているところです。クロスポイントとは、「全身14ヶ所にある、複数の筋肉が“クロス”するように存在するポイント」のこと。『クロスポイント』を刺激することでインナーマッスルが目覚め、アウターマッスルをゆるめられ、10秒で絶好調が叶うといいます。

腰痛改善に「裏ももストレッチ」

「腰痛を改善したい、股関節を柔らかくしたい」そんな方にオススメなのが「裏ももストレッチ」。大切なのは「恥骨の隣の股関節を触りながら行うこと」。これがいわゆる「クロスポイント」なんですね。 裏ももストレッチ1. 足を前後に開く 2. 前側の足の股関節を触る 3. そのまま息を吸って、吐きながら股関節から身体を曲げていく 4. 手を股関節から離してダラーンとする 5. 息を吸って上半身を戻して、吐きながら上半身を倒す、というのを繰り返す  ストレッチ自体はとても簡単で、場所も取りません。ここ数年の股関節ブームにのっかって、私も股関節を柔らかくしようとあれこれ試みましたが、効果は一進一退。もしかしたらクロスポイントを意識していなかったから? と思い、じっくりと触ってやってみました。正直、1回で劇的変化はありませんでしたが、身体が軽くなった実感はありました。

腰痛はお尻も一緒に鍛えよう

「腰痛の人も膝痛の人もお尻ストレッチはしておいた方が良い」と本書が指摘するように、意外な盲点なのがお尻の筋肉だと思います。脂肪が多い部分なので鍛えづらいし、そもそもストレッチ自体ハードルが高い。ところが、椅子を利用すればこんなにやりやすいんです。 椅子でお尻ストレッチ1. 椅子に腰かけ、片膝にもう一方の足を乗せ、股関節を触る 2. 息を吸って、吐きながら股関節から身体を曲げていく 3. 息を吸って戻す、吐きながらまた曲げるのを2、3回繰り返す  こちらも椅子さえあれば、いつでもどこでもチャレンジ可能。私、仕事の合間にやってみましたが、腰からお尻がいい具合に伸びて、身体がシャキッと目覚めました。若干痛みを伴いますが、いわゆる痛気持ちいい感覚です。忘れてはいけないのが、股関節を触ること。ここを意識するだけで、結果が違ってくると思います。
次のページ 
腰痛改善には「内もも」のストレッチもお忘れなく!
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ