Fashion

タイトなコートなど流行が過ぎた服は捨てるしかない?活用するヒント

ファッション・ブロガー小林直子のお悩み相談 Vol.5】

「シルエットの流行」についての3つの質問に答えます

質問5流行のシルエット

シルエットが古くなったら、手放すしかない?
※画像はイメージです(以下、同じ)

◆小林さんの本『わたし史上最多のおしゃれになる!』を読みました。 「アウターは同じ種類を複数持つのは避ける。シルエットが変わるので同時期にまとめて買わない。」とありますが、数年前に流行ったタイトなシルエットのチェスターコートやトレンチコートを本を読む前に既に購入しています。シルエットが古いアウターは手放すしかないのでしょうか?  着こなし方の工夫によっては今着ることも可能ですか?着る本人の気持ち次第だとは思いますが何かアドバイスがありましたら教えてください。(匿名希望) ◆クラシックな雰囲気が好きで、ダブルの金ボタンが付いている、80年代のシャネルの膝が隠れるくらいの丈のシルクワンピースを買いました。でも家に帰って着てみると、なんだか古い人のようなシルエットなのです。  雰囲気も素敵で、着心地も良いので、ぜひ着て出かけたいのですが、どうにかして今着てもおかしくない感じを出す方法はないでしょうか?(匿名希望) ◆いつも小林直子さんの記事を楽しみにしています。質問を募集されているということで、ぜひ教えていただきたいことがあります。  気に入った服を長く着たいのですが、流行のシルエットが変わると傷んでないのに着られなくなるのは面白くないと思っています。どういうアイテム選びをすれば、流行が変わっても着続けられる服を見つけられるのでしょうか?(佐々木香さん)

ファッション・ブロガー小林直子からのお答え

質問5流行のシルエット

どういうアイテム選びをすれば、流行が変わっても着続けられる服を見つけられる?

 御存じのように、ファッションには流行のシルエットというものがあり、あるシルエットが何年か続くと、前のシルエットと新しいシルエットが混在する移行期を経て、新しいシルエットへと変わっていきます。  シルエットの変化の予測は大変難しく、大手アパレル企業でさえ、次にどんなシルエットへ移行するかははっきりと予測できていないようです。その証拠に、新しいシルエットの芽が出始めているにもかかわらず、古いままのシルエットの製品を作り続ける企業はたくさんあります。  製品を作るアパレル企業でさえシルエットの変化の予測は困難なのに、ファッションの素人である一般の人が、シルエットがどのように変化していくか、見極めながら買い物をするのは簡単なことではないでしょう。そのため私は、特にシルエットの変化が目立ちやすいコートについては、変化の予測ができないなら、一時期にたくさん買わないようにというアドバイスを皆さんにしています。
質問5流行のシルエット

シルエットの変化が目立ちやすいコートについては、一時期にたくさん買わないようにしよう

タイトなコートはビッグシルエットにはできない

 最初の質問は、既に古臭くなってしまったシルエットのコートについてはどうしたらいいかというものですね。  もちろん、どんなにシルエットが古くなろうとも、モノとして損傷がないのなら、十分それを着ることができます。ですからこれを着るかどうかは、ご質問にもあるように、「着る本人の気持ち次第」です。  例えば今から見ると古臭いコートのシルエットとは、中に薄いセーターしか着られないほどタイトで、肩幅が狭く、ウエストは高めの位置、丈も、今改めて見てみると、かなり短く感じる、そんなコートではないでしょうか。  もしこれがひと昔前のビッグシルエットからタイトなシルエットに変化する時期のコートの話だとしたら、そのビッグシルエットのコートの丈をつめたり、肩パッドを取り外すなど、お直しをすれば、まだ十分着られるということもあるでしょう。けれども、タイトなものをビッグにすることはできません。  質問者がお持ちのコートが実際にどんなものかわかりませんが、かなりタイトなもの、丈も短いものだとしたら、大きくすることはできませんし、そのコートを着て街へ出かければ、少し前のコートを着ている感じがするのは否めないでしょう。
質問5流行のシルエット

シルエットが古くなったアイテムを着るかどうかは「着る本人の気持ち次第」だけど…

クオリティの高いものなら捨てないでとっておくといいでしょう

 では、そんなコートは捨てればいいかと言われると、そういうわけでもありません。  今、世界じゅうで70年代のセリーヌ、つまりオールド・セリーヌの古着がとても流行っていて、多くのおしゃれな人たちが探しています。そして見つけた人は実際に古いものを着用しています。
質問5流行のシルエット

オールドセリーヌのカシミアチェスターコート
(※画像:セレクトショップ「Lubb」のウェブサイトより)

 また80年代のシルエットも今リバイバルしていますから、80年代の古着も現在、着用可能です。  つまり、今着るにはとても古臭い、一つ前の流行のシルエットでも、また同じ流行がめぐってきたときには着用可能である、ということです。ただし、それが一体いつやってくるのかについては、誰にもわかりません。  もしクオリティの高い、いいものをお持ちなら、捨てないでとっておくといいでしょう。
次のページ 
流行に左右されないのは…
1
2
Cxense Recommend widget
【小林直子さんへのファッション相談募集!】
ファッション・ブロガーの小林直子さんが、あなたのファッションの悩みにお答えします。相談したい方は、こちらのお問い合わせフォームまで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【小林直子さん相談】を入れ、お送りください。コーディネートのことやワードローブの組み立て方、ファッションに関わるライフスタイルについてなど、ファッションに関することであれば何でも結構です。
※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。


あなたにおすすめ