Beauty

ニュアンスカラーとは?簡単にこなれ感UPの優秀コスメ5選

 美容ライターの増村ゆかりです。最近ネットや雑誌よく目にする「ニュアンスカラー」という用語。
カラーチャート

写真はイメージです

「言いたいことは分かるけど、結局ニュアンスカラーってなんなの?」「ニュアンスカラーを使ったメイクにチャレンジしたいけど、なにを使えばいいかわからない」そんなの方のために、ニュアンスカラーの意味とオススメのプチプラコスメをご紹介します!

そもそも「ニュアンスカラー」とは……

 ニュアンスカラーとは、「○色」と断定できない曖昧で淡い印象の色のことをいいます。フランス語である「ニュアンス」には“微妙な違い”という意味があることから、このような言葉が生まれました。  一般的には、グレーがかったように見える「くすんだ色」がニュアンスカラーと呼ばれます。しかし、その定義は曖昧で、グレーがかっていなくても単純に彩度が低い「パステルカラー」も含めてニュアンスカラーと呼ばれることもあります。  暗くて淡いニュアンスカラーは、ファッションやメイクに取り入れることで大人っぽくこなれた印象に。落ち着いた色合いは秋冬にピッタリなだけでなく、お仕事などオフィシャルな場面にも使いやすいカラーです。

押さえたい人気のニュアンスカラー3色

 ファッションやメイクの分野でトレンドのニュアンスカラー。特に注目の3色はこちら! ①モーヴピンク モーヴピンク「モーヴピンク」とは、いわゆる「くすみピンク」と呼ばれる色。「大人かわいい」を演出できる王道のくすみ系カラーです。明るいピンクよりも肌馴染みがよく、オフィスネイルやメイクにも取り入れやすいのも魅力。 ②グレージュ グレージュ ベージュにグレーがかったようなニュアンスカラーが「グレージュ」です。ヘアサロンなどで、ヘアカラーの種類として聞いたことがある方が多いかもしれません。暗いグレーに明るいベージュが重なることで、透明感のある淡い印象になります。 ③グレーパープル グレーパープル グレーパープルは、パステルカラーのパープルにグレーが重なったような色のこと。メイクシーンでは、パープルのアイシャドウやチークが「透明感やミステリアスな印象を演出することができる」と人気です。
次のページ 
「ニュアンスカラー」のおすすめプチプラコスメ5選
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ