Lifestyle

結婚式の親族写真になぜか元カノが!半泣きの新郎がとった策とは…

 ウエディングプランナーを経て、現在はウエディング専門コンサルタントとして活動中の長谷川真美です。
結婚式 挙式 カップル 夫婦

写真はイメージです(以下同じ)

 結婚式が無事に終えた後、新郎新婦をはじめ、家族、親族が楽しみにするのは、やはり写真やビデオなど、想い出を振り返ることのできるアイテムが届くことです。プロのカメラマンに撮影してもらう機会はなかなかないですし、どんな仕上がりなのか、多くの方が楽しみにしています。  結婚式当日、親族として招待された場合、基本的に「親族集合写真」の撮影に入ります。いわゆる、ひな壇に親族が並んで、真ん中に新郎新婦が並んで撮影、というものです。ホテルや専門式場などでは、専用の写真室があり、そのスペースで撮影することがほとんど。  今回お届けするエピソードは、この「親族集合写真」で起こったエピソードです。

挙式に参列し、親族集合写真にまで写り込む元カノ

 結婚式当日、特に大きなホテルや式場などでは、たくさんのゲストが式場に集まります。ただ、参列するゲストへのチェックというのは、大々的なレセプションパーティーなどと比べるとかなり緩いです。たとえば、ゲストの中には「招待状忘れちゃった」なんて人も、「〇〇家の結婚式に参加する者です」とさえ言えば、大概会場内に案内されるでしょう。そのことを知ってか知らずか、入ってきてしまったんですね、新郎の元交際相手、「元カノ」が……。  披露宴は、食事や引出物などの用意があるため、出席の連絡をしていなければ、披露宴会場に入っても席がありませんが、挙式会場は結構自由に入れます。実際に、「挙式だけ参列します」という方もいます。その元カノも、挙式が終わったら帰ればよかったものを、なぜだか挙式を終えてからの親族集合写真の撮影にも並んで入ってしまいました。撮影の際、新郎は、元カノの存在に気付いていたようですが、自分の親族はもちろん、相手の親族がいる前で、まさか元カノがいる! とは言えず、そのまま撮影となってしまったようです。

「集合写真に写っている元カノを修正してほしい」

 新郎新婦だけでなく、両家の親族も、結婚式当日にお互い初めて会うことが多いため、たとえ「関係ない人」がその場にいたとしても、「向こうの親族なんだな」ぐらいにしか思いません。集合写真の撮影時点で、この事実を知っているのは、幸せ絶頂のはずの新郎と、何を思ってか呼ばれもしない結婚式に参加した「元カノ」だけです。 結婚式 挙式 カップル 夫婦 集合写真 新郎もその撮影の後すぐに担当プランナーに申し出ればよかったものの、そのことを告げるのをすっかり忘れてしまいました。一生に一度の晴れ舞台にすっかり舞い上がり、披露宴には当然のことながら、元カノは参加していなかったので安心したのでしょうか。数ヶ月後に、写真が納品されて、新郎新婦揃って写真を見ていたら、新婦から「これ、誰?いとこ?」と聞かれて、返答に窮してしまったようです。半泣き状態の新郎から「元カノが集合写真に写っている。できれば修正してもらいたい」という要望の連絡が入りました。

もしも集合写真に望まぬ人が紛れ込んでいたら、すぐに式場側へ…

 担当プランナーも、当日まで親族に会うことは滅多にありませんし、ましてや元カノの存在なんて知るよしもありません。その後、写真に写っているどの人が元カノなのかを聞いて、再度カメラマンに依頼をして、集合写真からは消してもらいました。ですが、写真には誰もが気付いてしまうような不自然に空いているスペースが残ります。  たとえ写真から消したとしても、結婚式当日、元カノが参加していたという事実は、まったく消せないものとなってしまいました。きっとその写真は、ふたりが揃って見返すことは二度とないでしょう。  今では、打合せの際、参列される親族が何名なのか、式場から確認することが普通です。そのため、カメラマンも撮影の際には人数を数えてくれていますが、万が一、確認してもらえず、元カノ(もしくは元カレ)が挙式に参加しているとわかった場合は、すぐに式場側に伝えてください。お相手にバレないように、迅速に対応しますので……。 <文/ウエディング専門コンサルタント・長谷川真美>
長谷川真美
結婚式場専門コンサルタント、ウェディングプランナー養成塾「おまみ塾」を主催。ウェディングに携わって15年。5年間のプランナー業務を経て、式場コンサルタントに。株式会社OMエンタープライズ代表。プランナー時代の経験を書いたブログ、instagram:@om_enterprise.0222(OMエンタープライズ)、@omamijuku(おまみ塾)
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ