Entertainment

バチェラー3友永真也氏の迷語録「#友永構文」がSNSで流行中

 10月31日、企業公式アカウントで有名な「シャープさん(@SHARP_JP)」が「炊飯器発売のお知らせ」を投稿しました。 「正直、めちゃくちゃ悩みました。そしてほんまに真剣に、真剣に考えて気づいたんです。なんの変哲もない炊飯器が、強い意思で、きょう発売される。感動しましたね。がんばってくれたんやって。みんな真剣に炊飯器と向きあってるんやって。ほんまに、ありがとう(薔薇の絵文字)」(10月31日SHARP シャープ株式会社のツイートより)
『バチェラー・ジャパン』シーズン3 友永構文

「#友永構文」10月31日16時13分検索時点

 一度読んだだけでは、そのまどろっこしい文章構成を不思議に思われた方も多いはず……。実はこのツイート、衝撃のラストが話題となった『バチェラー・ジャパン』シーズン3(Amazon プライム・ビデオで配信)のバチェラー・友永真也氏の特徴的な喋り方を真似たもの。  現在、シャープさんのように、友永氏の語録や言い回しを使って文章を組み立てる「#友永構文」が、Twitterで密かにブームになっているんです。

「友永構文」とは?

「世界に一点だけのものオーダーしてきました」「夫婦になる人は一緒に歩いて行って一緒に未来をつくりあげるイメージなんですね」「ちゃんと運命の人探し出したいと思ってます」など、どこか自分語りっぽさのある友永氏の言葉。助詞である「てにをは」を抜きがちなしゃべり方は、Wordで書き起こすと青い波線ばかりになります。その独特な言葉の区切り方や語尾のパターンを挙げてみます。
<友永構文のパターン> ・ほんまに~(ありがとう、嬉しいなどポジティブな言葉) ・正直、~でした ・真剣に考えました ・めちゃくちゃ考えました ・包み隠さず全て話します ・そこに関して何の嘘もないです ・~の強さがどこから来たのか…… ・感謝しかないですね 「覚悟」という単語を使用したり、最後のローズセレモニーで岩間恵さんの名前を力強く「めぐみー!めぐみー!!」と呼んだバチェラーを頭に思い浮かべながら、固有名詞を二度繰り返したりするのもオススメです。

「バチェラー3」を見返したくなったファン続出

 さらに、すっきり言い切らず、一度切ったうえで「そう思います」「~なんですね」と付け加えるだけで、より友永氏らしさの演出もできます。たとえば、ただ単純に「ご飯がおいしい」という感想も、「ご飯ってほんまおいしいですよね、そう思います」のようにすると友永氏風に早変わりです。関西弁であると、なお雰囲気が増すようです。
『バチェラー・ジャパン』シーズン3(Amazon プライム・ビデオで配信)のバチェラー・友永真也氏と岩間恵さん

『バチェラー・ジャパン』シーズン3(Amazon プライム・ビデオで配信)のバチェラー・友永真也氏と岩間恵さん

「デザートでふとプリンを食べたくなった気持ち」を友永構文で表現するならば…… <さっき、コンビニ向かってたんですね。正直めちゃくちゃ悩みました。ミルクプリンか、焼プリンか。でも気付きました。今真剣に求めてるのは、カラメルのほろ苦さなんですね。そしたら、デザート棚空やったんです。売り切れたんやなって。そう思いました。 プリーン! プリーン!>  ……さて、このセンスのなさはさておき、視聴者になんとも言えない複雑な心境を残したシーズン3。しかし、この構文が流行りだしたことで「見返したくなった」というバチェラー視聴者が続出しているよう。確かにファイナルの後味の悪さと、小気味いい「#友永構文」があいまって、楽しく見返せそうです。  なんと、この友永構文を使った「バチェラー3ゲーム」もファンによって考案されています。「#友永構文」も、Twitterで検索すると面白い投稿がザクザク見つかりますので、ぜひ見てみてください。 (C)2019 Warner Bros.International Television Production Limited.All rights reserved. <文/女子SPA!編集部> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
女子SPA!編集部
ちゃっかり生きる、賢い女性のホンネ情報サイト。SPA!編集部の女性ライターたちが読者目線で情報を提供します。
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ