Lifestyle

離婚で「あらゆる地獄」を見た男性を癒やした親の言葉

ぼくたちの離婚 Vol.14 縁側とテーブル #1】  離婚した男性たちに、離婚の経緯とその後の顛末を聞く本連載。男性たちがここまで赤裸々に自分の離婚について語った読みものが少ないからか、過去13回、毎回大きな反響がありました。そんな人気連載がこのたび、同名タイトル『ぼくたちの離婚』(角川新書、11月9日発売)として書籍化されました。 『ぼくたちの離婚』 そこで今回はいつもとは趣向を変え、「離婚と親」にフォーカス。離婚したことによって改めて親の存在の大きさを知った男性のエピソードを紹介します。 (以下、稲田豊史さんによる寄稿)

離婚であらゆる地獄を見た

 土岡純也さん(仮名/43歳)の存在は、数年前に知っていた。彼がとあるクローズドな場所で離婚体験を発表していたからだ。筆者はその主催者経由で土岡さんに連絡を取り、取材許可を取りつけて、都内のファミレスまで足を運んでもらった。  土岡さんの第一印象は、最近の吉田栄作。いわゆるイケメンだが、頭には白いものが半分以上混じり、目尻の皺や頬の陰も目立つ。開口一番、土岡さんは筆者に対して申し訳なさそうに言った。 「離婚の詳細な経緯については、話したくありません。あの時と今とでは、なんというか“気分”が違っていて、当時のテンションでは話せないんです。妻に対する感情も微妙に変化しましたし。本当にごめんなさい」  離婚の原因については明かせない。土岡さんや元妻のプロフィールも書かないでほしいという。ただ、離婚時の苦しみについて聞くと、堰を切ったように話しはじめた。 「離婚に際しては、あらゆる地獄を見ました。人と人って、ここまでなじりあえるものか、ここまで憎み合えるものかと。仕事のこと、住まいのこと、子供を作るかどうか、政治や思想信条、人生設計……すべてを否定され、口撃されました。僕もそれに応戦して、全部の弾を打ち尽くしました。会社も辞めたし、心療内科にも通った。離婚係争中のある日、朝起きてふと鏡を見たら、そこには“くたびれた”としか言いようのない男がいましたよ。僕が想像していた自分の顔より、10歳は老け込んでいました。 『花は咲く』という、東日本大震災の復興支援ソングをご存知ですか? 離婚係争中の一時期、あれを一日に何十回もYouTubeで聴いて、ずっと泣いてたんです。文字どおり“ずっと”です。家にいる時も、移動中も。あれは震災で亡くなった人が、生き残った人に向けた歌なんですよね」
写真はイメージです

※写真はイメージです(以下同)

『花は咲く』は筆者もよく知っている。「叶えたい夢もあった 変わりたい自分もいた」の歌詞が、胸に痛い。過去形なのだ。であれば、無理に土岡さんの過去を掘り返すこともあるまい。 「ただ、僕が離婚を報告した両親のことだけなら、話せます」
次のページ 
「家族」という単位こだわった父
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ