Entertainment

人気爆発中、男子アイドルオーディション番組 『PRODUCE 101 JAPAN』 の魔力とは

 国民プロデューサーのみなさん、こんにちは!
『PRODUCE 101 JAPAN』OFFICIAL SITE

『PRODUCE 101 JAPAN』
(画像:『PRODUCE 101 JAPAN』公式サイトより)

 みなさん、IZ*ONE(アイズワン)はご存じでしょうか? AKB48グループから多くのメンバーが韓国と共同で行われたオーディション番組『PRODUCE 48』という番組に参加した結果、韓国の国民投票から宮脇咲良などが選ばれ、いまや日韓両方から愛されるグループとして活躍しています。  その原点は、韓国の『PRODUCE 101(プロデュース ワンオーワン)』というオーディション番組。国民プロデューサーと呼ばれる視聴者が、投票で101人の練習生から最終的に11人を選び、アイドルグループを作ってデビューさせるというこの番組は、今爆発的な人気を集めています。  そしてその日本版である『PRODUCE 101 JAPAN』(GYAO!にて毎週木曜日21時~)が、現在絶賛配信中なのです。    101人の男の子たちが夢に向かって競い合い磨き合う様子は、これまでの韓国版を観ていない人たちをも巻き込み、ハマる人たちが続出中。なぜここまで注目を集めるのか、その沼にハマって抜け出せなくなった筆者(エンタメ系ライター)が独断と偏見で説明します!

アマから素人まで切磋琢磨する姿に心打たれる

 このオーディションに参加し、芸能界デビューを目指しているのは、「どこの事務所にも所属していない」という条件を満たした練習生。そのため、子役から芸能界にいる子たちや、元ジャニーズ事務所の子、アイドルを目指すも夢が叶わず、YouTuberとして活躍する子、さらに地元でアイドルをしていた子たちなどが、すべてを清算し、このオーディションに賭けて、参加しているのです。  その熱量たるや、かなりの高さ。もともと韓国でアイドルとしてデビューしていたメンバーもいるなか、ダンスも歌も全く素人ながら、「絶対にデビューしたい」とがむしゃらに他のメンバーたちに食いついていこうという姿は、観ている人たちの心を熱くさせる力を持っています。  さらに、回を追うごとに、オーディションを受けている練習生たちは絆が深まり、親友のように一緒にいる子たちもちらほら。でも、非情にも出てしまう順位の格差や実力の差に、本人たちは悔しい想いをしながらも、相手のランクアップを喜んだりと感情をさらけ出し、オーディションに臨んでいるのです。  なかでも、初回から冷静に物事を受け止めていた練習生が、様々なオーディションでどうしても1位を取れずに、ついに涙を流した時には、観ているこちらも思わず号泣。そんな視聴者は私だけではないはずです。

少しでも隙を見せれば国民プロデューサーから総スカン

 さらに、歌もダンスもランクが違う練習生たちがシャッフルされ、グループとなり、一つの曲を作り上げていく姿には、お互いを高め合い、出来ない人たちを決して見捨てることなく、一緒に向上していこうという仲間精神がしっかりと見えてきます。だからこそ、夢、努力、勝利! と某少年漫画のようなスローガンを叫びたくなるのです。  しかも今は、クセの強いキャラクターは愛されど、嫌な奴は淘汰される時代。性格の悪さや遅刻癖などをフィーチャーされれば、国民プロデューサーから総スカンとなり、次のランキングではあからさまに順位がガタ落ちと、すぐに結果が出るのも痺れるんですよね。  では、ここで勝手に! 注目の研究生を紹介したいと思います。
次のページ 
注目の研究生たちは…?
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ