Entertainment
Fashion

ダセェ~と思われないデニムは一体どこにある?/峰なゆか

 真にオシャレな人にはなれなくても、オシャレな人のフリをして周囲の人間を欺(あざむ)きたい!という思いで、漫画『アラサーちゃん』の作者・峰なゆかさんが描いたイラストエッセイ『もっとオシャレな人って思われたい』(11月20日発売)。  今回はデニムにまつわるモヤモヤを紹介します。  誰もが一着は持っているであろうデニム。都内で決行したオシャレ追求クルーズにて、クローゼットの定番に峰なゆかさんが初挑戦しました。はたして、今はくべき旬な一本は見つかるのか…?(以下、峰さんの寄稿)

私がデニムを一本も持っていないわけ

 デニムを一本も持ってません。と言うとわりと驚かれるのですが、これは私のスニーカーに対する苦手意識とまったく同じ理由で、何がダサくて何がオシャレなのかがまったくわからないからです。 デニム画像1 私センスで選んだスニーカー/デニムを「プッ、ダセェ~」とか思われるのが怖すぎる!  ところが昨年の夏にポケモンGOのやりすぎで膝を痛めた結果、スニーカーを履くことを余儀なくされました。煩悶した揚げ句に私が向かったのはユナイテッドアローズ。アローズなら絶対ダサいスニーカーなんて置いてないはず! という安直な理由からNIKEのスニーカーを購入し使用してみたところ、これがものすごく便利なのです。 デニム画像2 もしかしてデニムもはいてみたら便利なのでは……と考えた私が向かったのは、バーニーズニューヨーク。  バーニーズなら絶対ダサいデニムなんて置いてないはず!  早速店員さんにダサくないデニムのポイントを聞いたところ、「今の流行は裾は切りっ放し、もしくは細めに1、2回折る。でも10センチくらいで太めに折るのもまたリバイバルしつつある。今年はワイドパンツやボーイフレンドデニムがおすすめだけどスキニーも根強い愛用者がいるし、なんなら今こそあえてのブーツカットも来ている」とのこと。なんだ、その「犯人は20代から30代、もしくは40代から50代」みたいなノリ。 デニム画像3

ダサくないデニムがわからない時代

 でも、私だってデニムをはいてた時代はあったんですよ。10年以上前、私の学生時代は、デニムのわかりやすい正解があったんです。できるだけタイトで、できる限りローライズのシマロンかX-girl。それさえはいとけばオールオッケーだったのに、今時はデニム戦国時代。さまざまな形のデニムが店頭を跋扈(ばっこ)していて、途方に暮れてしまいます。  とりあえず片っ端から試着した中で最もしっくりきたのがアクネストゥディオズのスキニーデニム。 デニム4 私が学生時代にはいていたデニムと股上の深さ以外の違いがよく分からない、という点が私のゼロ年代魂を安堵させるのでしょう。それに天下のアクネのタグが後ろに付いているから、これなら「プッ、ダセェ~」とか思われることはないはずなのです!  あれっ、でもオシャレって誰かに「ダセェ~」って思われないように服を選ぶことだったっけ……という疑問はドブにぶち込んで、帰宅後にお買い物後恒例の一人ファッションショーを開催したところ、今まで何と合わせればいいのか分からなくて一回も着てなかったトップスの合うこと合うこと。  かたくなにデニムを拒否していたこの十数年はなんだったのか、と困惑しながらも、私のデニム再デビューが今、始まる! もっとオシャレな人って思われたい 【関連記事】⇒男はダサい服を着た女が好き。オシャレとモテは両立しない?/峰なゆか 【関連記事】⇒ヒールは男のためじゃない「俺はスニーカーでいいんだよ」って言うな!/峰なゆか アラサーちゃん7<文・絵/峰なゆか>
峰なゆか
1984年生まれ、漫画家・文筆家。代表作『アラサーちゃん無修正』の第7巻(最終巻)が11月20日発売に。ほか『女くどき飯』、『オシャレな人って思われたい』、『もっとオシャレな人って思われたい』など
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ