Entertainment

2019年「なぜ紅白に出るんだろう」と思う歌手ランキング。2位は松田聖子

 令和最初の『第70回紅白歌合戦』の出場者が決定しました。“もうオワコン”と言われつつ、発表されればなんだかんだ盛り上がりますよね。
(画像:「第70回NHK紅白歌合戦」NHK公式サイトより)

(画像:「第70回NHK紅白歌合戦」NHK公式サイトより)

 そこで、女子SPA!は昨年一昨年に続き、30-40代女性200人に対して「なんで紅白に出場?と思うミュージシャン」のアンケートを実施しました(※)。まず10位から4位までを見てみましょう。(カッコ内は出場回数) ========================== 10位 LiSA(初) 12% 9位 島津亜矢(6) 12.5% 8位 aiko(14) 13% 7位 菅田将暉(初) 14% 6位 山内惠介(5) 15.50% 4位 三山ひろし(5) 16% 4位 郷ひろみ(32) 16% ==========================
TVアニメ「鬼滅の刃」OPテーマの、LiSA 「紅蓮華」SACRA MUSIC

TVアニメ「鬼滅の刃」OPテーマの、LiSA 「紅蓮華」SACRA MUSIC

 10位に入ったのは、LiSA。一般にはなじみのうすい名前かもしれませんが、アニソン界では知られた存在で、今回の選出理由も『Fate/Zero』や『鬼滅の刃』などの主題歌がヒットしたから。  NHKの加藤英明チーフプロデューサーによると、「アニソンの域を超えた活躍をされている方」だそうなので、これを機にブレイクするといいですね。
島津亜矢

島津亜矢のカバー集『SINGER5』(2018、テイチクエンタテインメント)

 9位には、島津亜矢がランクインしました。洋楽から邦楽のポップスまで歌いこなす“歌怪獣”の異名を取る彼女ですが、いかんせんカバー曲ばかりなのが弱い。そろそろ代表曲がほしいところです。
菅田将暉「LOVE」ERJ

菅田将暉「LOVE」ERJ

 そして7位には、意外にも菅田将暉。米津玄師やあいみょんとコラボしたり、ギター演奏にも挑戦したりと音楽活動に力を入れていたのに残念でした。あまりにもまっとうなフォークロックなので印象に残らなかったのかな。
郷ひろみ「Jan Jan Japanese」SMR

郷ひろみ「Jan Jan Japanese」SMR

 同率4位には、32回目の出場となる郷ひろみ。AI美空ひばりに対抗して、AI樹木希林と「林檎殺人事件」のデュエットを期待したいところです。  では、ここからは上位3組の発表です。
次のページ 
上位は?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ