Entertainment

“砂時計ボディ”の人気セレブ。ガムテープでバストアップしてたって本当…?

 4児の母、リアリティータレント、起業家として多忙な日々を送りながらも、変わらぬ美貌をキープしているキム・カーダシアン・ウェスト。特に、グラマラスな胸とヒップに、ウエストがキュッと締まったメリハリのある体型は、“砂時計ボディ”と称されているほど。しかし、過去にはなんと、ガムテープを使って体型を整えていたこともあったようだ。  そんなキムはこのたび、自ら手掛ける下着ブランドからバストアップテープを発表。製品の特長や使い方を誇らしげにSNSで紹介している。バストにテープをはってはがすなんて、とても痛そうに感じるが……。 キム・カーダシアン・ウェスト 自身の補正下着ブランド「SKIMS(スキムズ)」の新作としてボディテープを発表したキム。開発の裏には、自身がガッファーテープ(つや消しガムテ-プ)を使って胸を強調させていた過去があるという。  インスタグラムでキムはこう話している。 「今日、バストアップテープをリリースしたことを喜んでお知らせするわ。3種類の肌色を用意しているわ。ボディテープって呼んでもいるんだけど。こういうテープって大体1色展開じゃない。この商品の開発に長いあいだ時間をかけてきたの。今まで違う濃淡の色を出していたテープなんてなかったと思う。  私が使い始めた頃のガッファーテープは、最悪の着け心地だった。でも今回の私達のアイテムは本当に柔らかくて伸びもすごい。ただ、伸び切らないようになっているわ。それでホールドしなきゃいけないからね。とにかく伸びのバランスが完璧なの」

テープの使い方を自ら伝授。はがすとき痛くないの?!

 キムは以前、ボディテープの秘技をこう明かしていた。 「あなた達に私の秘密のテープ使いを教えてあげなきゃね! 撮影で完璧な胸の谷間を作る秘密のトリックよ。テープで胸を巻いてめちゃくちゃ上げる。ちょっとコツがいるけど、私を信じて、やる価値はあるから。  ダクトテープ、ガムテープ、マスキングテープあらゆるものを使ったわ。バストアップの際はローションやオイルを塗らないこと。はがす時は覚悟してね」  しかし、今回発売されたSKIMSのテープは、はがすときにも痛みがほとんどないという。キムは、自らプロデュースした製品とその使い方をSNSで紹介している。
 同じくSKIMSのSNSには、撮影現場でテープを使ってバストアップしているキムの写真も。むかしの写真を載せることで、今回SKIMSが発表した製品がいかに心地よく使えるかをアピールしているようだ。  それにしても、夫のカニエ・ウェストが戸惑うくらいセクシーボディのキムが、痛い思いをしながらテープでバストアップしていたなんて……。胸があいたドレスを着る機会が多いゆえかもしれないが、セレブも楽じゃなさそうだ。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ