Lifestyle

うわっ、心当たりが。大人女性の“残念なふるまい”10個

<みきーるの女子マインド学>  気づけば、今年も残すところ約一ヶ月。令和元年をまとめあげるにあたり、今回は、「来年にもちこしたくない“大人ブス”な振る舞い」をリサーチしてみましたよ! 「ヤバい! これやっちゃってた!」というものがある人は、今年中にリセットしてはいかがでしょうか?
来年にもちこしたくないふるまい10個

写真はイメージです(以下同)

あなたはいくつ当てはまる?

 では、ビクビクしながらドン! ・いつも食べ物の話ばかりしている  年を重ねると、「食べ物と名所にしか興味がなくなる」とはよく言われます。食べ物の話も楽しいですが、いつも「あれ食べた?」「◯◯っておいしいんだよ!」など、話題に登場するのが食べ物オンリーなら、ちょっと偏りを直したほうがよさそうです。 ・サンプルをねだり歩く  たとえば、「ファンデーションを変えたいから、いくつか比べて検討したい」というような目的があればいいのです。残念なのは“サンプルをせしめること”を目的に、買う気もないのにコスメ売り場を徘徊すること。あさましく見えてしまいます。 ・SNSで有名人にかみつく SNSで有名人にかみつく 距離感を見誤り、SNSで他人にかみつくのはいただけません。特にタレントさんなど有名人は友達ではないし、先方にとってあなたは“大勢の中のひとり”です。リプやいいね!をくれないとゴネたり、上から目線で失礼なことを言うのはとても幼稚。 ・グチの吐き逃げをする 「自分の話ばかりして、こちらの話は聞いてくれない」という人もよくいます。特に女性は、話を聞いてもらうことでスッキリするもの。おたがい持ちつ持たれつの気持ちが大事です。聞いてもらったら、相手の話も聞いてあげましょう。 ・似合わないのを服のせいにする  大人になると、似合う服も変わってきます。それを受け入れられず、「なんかこの服ヘン」「ろくな服がない」など“服のせい”にしていては、先に進めなさそうです。変わったのは自分の身体だ、と認めるとよい服選びができそうです。 ・あの人よりはマシと思う  経済状況や境遇などを人と比べて、「私はあの人には勝ってる」「私のほうがマシ」などと偉ぶるのは浅はかです。誰かを下に置かないと安心できないようでは、自分の軸もグラつきます。
次のページ 
残り4つは?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ