Love

デート中に泥水でびしょ濡れに…クリスマスの災難が呼んだ意外な結末

 みなさんは今年のクリスマス、すでに予定は決まっていますか? なかには彼氏と一緒に過ごしたくても「当日はお互い仕事だから……」と、ふだん通りって方が多いのではないでしょうか。
クリスマス

画像はイメージです(以下同じ)

 そのため、クリスマスを前倒しして祝うカップルも少なくありません。戸松祐子さん(仮名・31歳/販売員)は5年のお付き合いを経て現在の夫と結婚しましたが、独身時代は一度もクリスマスを一緒に過ごしたことがなかったといいます。 「当時はデパ地下などに展開するお総菜チェーンに勤めていましたが、クリスマスのようなかき入れ時に休むなんて論外です。ふだんは本社での内勤でしたが、クリスマス前から年末にかけては人手が回らなくなるため、応援要員として毎年現場に駆り出されていました。  だから、カレとは少し早いけど、12月上旬にクリスマスのお祝いをすることが多かったんです」  でも、2週間ほど早くお祝いした4年前のクリスマスは、彼女にとっていろんな意味で忘れられないものになったといいます。

予約していたレストランに向かう途中、彼女に悲劇が!

 この日、祐子さんは彼氏が予約してくれたイタリアンレストランでディナーを取る予定でした。仕事が終わった後に待ち合わせ、最寄り駅から2人で歩いて向かっていたそうです。 「初めて行くイタリアンのレストランで、すごく楽しみにしていました」  ところが、その途中で彼女の身に思いもよらぬ事態が襲いかかります。  道路にあった大きな水たまりの上をトラックが通りかかり、脇を歩いていた彼女に跳ねた泥水が直撃。なんとびしょ濡れになってしまったんです。 道路でずぶぬれ「前日まで雨が降っていたこともありますが、そこは表通りから1本入った片側一車線の道路でした。すでに辺りは真っ暗でしたし、街灯と街灯のちょうど中間で水たまりがあることにも気づかなかったんです。  顔や髪をはじめ、身体の右半分に水を浴びたことは感触でわかりましたが、『もうサイアク……』ってつぶやくのが精一杯。突然のことに理解が追いつかず、ただその場に立ち尽くしていました」  少し前まで高かったテンションは一気にガタ落ち。彼氏と待ち合わせする前、会社のあるオフィスビルの化粧室でメイクも髪も念入りにセットしてきたのに、文字通りすべて水の泡。もはやレストランでディナーどころではありませんでした。 「少し濡れた程度ならそこまで気にしなかったでしょうけど、モロに泥水を浴びちゃったので……。今日はもうムリだと思いました」
次のページ 
キャンセルするためお店に寄ったら…
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ