Fashion

「欲しい服が見つからな〜い」を解決する、2つのコツ

 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子(すみゆうこ)です。突然ですが、皆さんは服が欲しくて買い物に行ったのに、欲しい服が見つからなくて困った経験はありますか? 私も、昔はしょっちゅうありました。しかも「今日はたくさん買い物をするぞ!」と意気込んでいる日ほど、これといったアイテムが見つからない。  こういう不完全燃焼な気持ちをなくすために、今回は買い物難民に陥ったときの対処法についてご紹介いたします。

アイテムではなく、スタイルから探す

ゴールセットが明確であるほど買い物に悩まない 服が欲しいけど、欲しい服が見つからない時。この場合、自分自身がどういうファッションスタイルを楽しみたいのかが明確になっていないことが考えられます。例えば「この秋冬はちょっとカッコよい着こなしを楽しみたい」や「今年の冬はクラシカルがトレンドだから、女っぽいコーデをしたい」など。  お洋服の着こなしで表現したい自分像をしっかり思い描けていると、具体的にどんなアイテムを選ぶべきか自ずと答えが見えてきます。もちろん、今日行ったお店にそのイメージに合う服がなくて何も買えなかった……。と、いう事もありますが、軸となるどんなアイテムが欲しいかがハッキリしていれば、ネットを活用して探し当てることができますよね。なので、何が欲しいかわからないとなった場合は、まず目指すファッションスタイルを決めるという目標設定から始めましょう。

自分的ファッションアイコンをつくる

アイテムではなく、スタイルから探す 具体的にこういうファッションがしたい、こういうスタイルを目指したい。そうした明確な目標がなかなか決まらないときもあります。私自身もシーズンによって着たい服が明確な時とボヤボヤしている時があったり、そのシーズントレンドが自分の好みにそぐわなかったりすることも。  そうした場合は、自分の中でファッションアイコンをつくると良いでしょう。ファッションアイコンとは目標とする具体的な人物像を思い描くことです。これは雑誌やネット、SNSからアイコンとなるようなモデル、女優、ブロガーさんを見つけても良いですし、オードリー・ヘップバーンや、ジェーン・バーキンといった永遠に憧れられる女優を参考にしても良いですね
『ジェーン・バーキンの言葉 』

『ジェーン・バーキンの言葉 』

 好きな女性を掲げ、その人へのオマージュとしてファッションを参考にするとご自身の中でのオシャレのモチベーションも上がりますし、何を買いたいかも明確になります。

ゴールセットが明確であるほど買い物に悩まない

 お洋服の買い物は、食材を買うときの感覚と少し似ています。今日はカレーを作ろうという目的があれば、買うべきものは決まっていますよね。お洋服も同じように、どんな自分になりたいかを意識することが大切。  そして、そのなりたい自分は季節ごとにガラリと変化していっても良いのです。むしろその季節に応じて自分をアップデートさせることでオシャレがどんどん楽しくなるはず! ぜひ、欲しい服が見つからないときは上記を参考にしてみてくださいね。 <文&イラスト/角 佑宇子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
角 佑宇子
(すみゆうこ)ファッションライター・スタイリスト。スタイリストアシスタントを経て2012年に独立。過去のオシャレ失敗経験を活かし、日常で使える、ちょっとタメになる情報を配信中。インスタグラムは@sumi.1105
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ