Entertainment
News

賀来賢人が2位、CM起用社数ランキング。女性部門の圧倒的首位は…

 日々なにかと目につくCM。あまり馴染みがないタレントもCM出演きっかけで知ることも多いのではないでしょうか? 夫婦でテレビ さて、メディアの調査・分析を行うニホンモニター株式会社が先日、『2019タレントCM起用社数ランキング』(※)を発表しました。  今年はどのようなタレントがランクインしたのか見ていきましょう。

男性部門3位(起用社数8社)みやぞんがブレイクタレントに仲間入り

============ 大泉 洋(TEAM NACS) 香川照之 佐藤 二朗 DAIGO 竹内 涼真 長友 佑都 錦織 圭 松本 潤(嵐) みやぞん(ANZEN漫才) ============  男性部門の3位には同率で9名の有名人がランクインしました。俳優、アイドル、お笑いタレント、アスリートと顔ぶれは多彩です。  香川照之(53)をはじめとする実力派俳優や、錦織圭(29)、長友佑都(33)など本ランキングの常連メンバーのなかに、お笑いタレントのみやぞん(ANZEN漫才)(34)が食い込みました。
 みやぞんは、2016年に『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)や『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で全国に名を知らしめると、2018年に6社だった起用社数を8社へと伸ばし、お茶の間での人気を確立させました。

男性部門2位(起用社数9社)常連組が入り乱れる2位に出川哲朗もランクイン

============ 遠藤 憲一 賀来 賢人 斎藤 工 高橋 一生 田中 圭 出川 哲朗 二宮 和也(嵐) ============  昨年度の同ランキングで男性部門の首位を制した出川哲朗(55)は、順位を一つ下げたものの2位にランクインしています。かつての「抱かれたくない男」は、イケメン俳優陣と名を連ね、CM界を支える好感度タレントになっています。
 ニューカマーとして、賀来賢人(30)が2位にランクイン。賀来は、2017年に女優・榮倉奈々(31)との間に第一子が誕生しており、まさに勢いにのっている俳優の一人です。

男性部門1位(起用社数10社) 好感度抜群のサンドウィッチマンが1位にランクイン

============ 相葉 雅紀(嵐) 櫻井 翔(嵐) サンドウィッチマン 西島 秀俊 ============  昨年度5位のサンドウィッチマンと昨年度8位の西島秀俊(48)が順位を大きく上げて、同率1位となりました。国民的アイドル、俳優、お笑いタレントが1位に顔を並べています。  サンドウィッチマンは『日経エンタテイメント!』(日経BP社)による「一番好きな芸人ランキング」でも、2018年から2年連続で1位を獲得しており、不動の人気を誇っています。  西島秀俊はドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)でゲイの主人公を好演。プライベートでも2018年に一般女性との間に第二子が誕生し、公私ともに充実しているようです。
DVD BOX『きのう何食べた? 』(東宝)

DVD BOX『きのう何食べた? 』(東宝)

 次に、気になる女性部門のランキングを見て見ましょう。
次のページ 
女性1位を制したのは 海外で活躍するアノ人
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ