Entertainment

「ぽっちゃりじゃなく、デブです」肥満系アイドル・びっくえんじぇる人気の秘密

 アイドル戦国時代……今、可愛い子ちゃんアイドルは数多(あまた)居れども、ここまで「おデブ」をウリにサイズ感も活動の幅もどんどん広げているグループは他に存在しないでしょう。肥満落下系堕天使アイドル“びっくえんじぇる”。その名の通り、太った女の子たちだけで構成されたアイドルグループなのです。
肥満落下系堕天使「びっくえんじぇる」大橋ミチ子、多田えり、橋本一愛

肥満落下系堕天使「びっくえんじぇる」
(左から)多田えり、大橋ミチ子、橋本一愛

 太めのアイドルグループは過去にも少なからず在りました。しかし「びっくえんじぇる」はぽっちゃり系やマシュマロ女子などという言葉で誤魔化すことなく、自分たちをはっきりと「デブ」と言い切っています。そして今、彼女たちは多くのファンを獲得し、アイドルとしてのさらなる高みへと羽ばたき始めているのです。  今回は、そんな「びっくえんじぇる」のメンバーにインタビューを実施。167cm112kgのみっちゃんこと大橋ミチ子、156cm80kgのいのりんこと橋本一愛、169cm91kgのえりぴよこと多田えり……彼女たちがなぜこんなにも魅力的なのか、その理由をとことん追求したいと思います。

太りすぎて空から落ちてきちゃったアイドル

――2018年4月29日にデビューして、すでにYouTube公式チャンネルは登録数13万人を突破。「びっくえんじぇる」は今や個性派アイドルとして注目を集めていますね。 3人:ありがとうございます! ――基本的な質問で申し訳ないのですが、肥満落下系堕天使とはどういったアイドルなのでしょうか。 大橋ミチ子(以下、みっちゃん):私たちはもともとは天使で天界に居たんですが、太り過ぎて空から落ちてきてしまったんです。歌って踊って痩せることができれば、天界に戻っていけるという設定なんです。 肥満落下系堕天使「びっくえんじぇる」大橋ミチ子、多田えり、橋本一愛――なるほど、それで堕天使(笑)。この型破りなコンセプト、凄く面白いですよね。ですが、ここは敢えて現実的な質問をぶつけさせてもらいます。”びっくえんじぇる”結成のきっかけを教えていただけますか? みっちゃん:真面目に答えますと、私といのりんは以前は別のぽっちゃり系アイドルグループに所属していたんです。それが3年で解散してしまい、改めて別のグループを作ろうということになりました。 橋本一愛(以下、いのりん):それに当たってメンバーオーディションを開催したんです。えりぴよはそこに応募してきてくれたんです。 多田えり(以下、えりぴよ):私も別でアイドル活動はしていたので、みんなそれなりにアイドル歴は長かったりするんです。

メンバー選考のオーディション、決め手は消去法

――オーディションでえりぴよさんを選んだのは、何か決め手があったのでしょうか。 みっちゃん:いや……恥ずかしい話、オーディションを掲げたはいいけれど、そんなに応募者が来なくて(笑)。 いのりん:ぶっちゃけ、消去法的な。 えりぴよ:ええええ~~~~!!そうだったんですか、初耳ですよ。それはちょっとショックです(笑)。 いのりん:でも、今こうして活躍の場が増えているということは、えりぴよを選んで大正解だったという証だから!大丈夫!

リアルな“おデブ”の女の子の素直な感情を肯定して発信していきたい

――「びっくえんじぇる」が何より画期的だったのは自分たちを「デブ」と言い切るスタイルを貫いているところですよね。敢えて、ぽっちゃりという言葉を使っていないのは凄いと思います。 みっちゃん:私にも確かに「ぽっちゃり」を自称してる時期がありました。でも、正直なところ一般の人たちからは私を「ぽっちゃり」としては受け入れてもらえなかった事実があるもので。 いのりん:普通の人から見ると私たちに対して「おいおい、ぽっちゃりじゃないだろ」ってなっちゃう。だったら自分から「デブ」って言っちゃった方がしっくりきますよね。 みっちゃん:それとともに「デブ」って言葉がマイナスにならない世界を作りたいとも思ったんです。その言葉に傷つく人がいないようにしたいなって。 肥満落下系堕天使「びっくえんじぇる」大橋ミチ子、多田えり、橋本一愛えりぴよ:私は3人の中でも特にそういう傷つくタイプでしたね。デブってことにコンプレックスが強かったので。 みっちゃん:そう。世の中にはぽっちゃりライフを全力で楽しめてる人もいるだろうけど、えりぴよみたいに自分の体型を受け入れられない女の子だって多いと思うんです。私も痩せたいと思ったりすることもありますし。私たちはそういうリアルな“おデブ”の女の子の素直な感情を肯定して発信していきたいんですよ。 いのりん:えりぴよも今はポジティブに発信する側だもんね。 えりぴよ:ですね。「びっぐえんじぇる」のメンバーになって、自分から「うん、私はデブだよ」ってムネを張って言えるようになりました。今は本当にハッピーです。
次のページ 
おデブだけど、意外と食べられない!?
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ