Gourmet

疲労回復に「究極の野菜スープ」のつくり方。優しい甘みに、ホッとします

「熱はないけれど、なんとなくだるい」「寝込むほどじゃないけれど、なんとなく体の節々が痛い」等々。寒さが本格的になってきた冬だからこそ、感じる不調ってありますよね。「なんとなく」だから「気のせいかも」と放置してしまうと、本格的にダウンしてしまうかも。 『なんとなく不調をととのえるスープ』なんとなく不調をととのえるスープ』には、どこか曖昧な症状を回復させるレシピがいっぱい。特徴的なのは、「胃腸の負担を少なくするために、動物性たんぱく質を使わない」こと。肉や魚で出汁を取らないなんて、物足りない味になりそう、と私も不安になりました。ところが実際に作ってみたら、まろやかなおいしさにびっくり。野菜の凝縮された旨味が、しっかりと生きているのです。

野菜だけなのにしっかり美味しい

 夏にスイカやキュウリを食べて熱い体を冷やしたり、冬にゴボウやレンコンを食べて体をあたためたりしますよね。「季節のお野菜は、その季節の体に必要な役割を持っていて、旬の野菜をとることで、体が季節の変化に自然と対応できるようになる」と本書が示すように、組み合わせ次第で奥深い味わいになるのが、本書に載っているスープ。まずは、これさえ覚えておけばバリエーションもバッチリ、という基本のスープから作ってみましょう。 ☆野菜だしのスープ
野菜だしのスープ

野菜だしのスープ

【材料(2人分)】  玉ねぎ  30g  キャベツ  30g  さつまいも  30g  にんじん  30g  水  600ml  塩  小さじ1/5 <作り方> 1. 野菜はすべてみじん切りにする。 ※野菜は細かく刻んで表面積を多くすると、より旨みが出やすくなります。それぞれ1/4カップ程度を目安に準備してください。 2. 鍋に1、水を入れて中火にかけ、ふつふつと沸いてきたら弱火にし、約30分煮る。粗熱を取ってざるでこし、塩を加える。 ※こす前にしばらくおくと、味がなじんでよりおいしくなります。 「体をととのえる最初の一歩」と本書がトップバッターにあげているのが、この一品。「体が重くてだるいのが続く、疲れている、胃腸の調子がいまひとつという時に、まずは試してみて」という説明文に従い、私も作ってみました。  野菜だけだからあっさり風味だろうと期待せずに口に含んだら、これが甘いのです。とはいえ砂糖のようなしつこさはありません。体に無理なく吸収されるような、透明感のある甘さと言えばイメージしてもらえるでしょうか。  冬場には、毎朝のお茶代わりにいただいてもいいくらい、体があたたまりますし、お味噌汁に使っても、具材を足してメイン料理にしてもイケると思います。
次のページ 
栄養満点!干し大根のお味噌汁
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ