Gourmet

コンビニ煮卵のタレを使った「炊き込みご飯」が悪魔的おいしさ

 捨ててしまったら、モッタイナイ。 「煮卵のタレ」を有効活用する 最強メシの作り方 コンビニでも定番の人気総菜になっている「煮卵」。そのまま食べるのはもちろん、ラーメンやサラダのトッピングとしても便利でおいしいですよね。でも毎回気になるのが、たっぷり入っている「漬け汁」の存在。皆さんはどうしていますか? やむを得ず捨ててしまっている人もいるかもしれませんが、卵をおいしく味付けしてくれるタレなのですから、やっぱりモッタイナイ。でも、どのように二次利用したらいいのかは、難しい問題でもあります。簡単に、おいしく、栄養バツグンの再生レシピがあれば……。  ということで、思いつきました! そうです今回は、「煮卵のタレを再利用する絶品炊き込みご飯」のレシピをご紹介したいと思います。

合わせるのは、ストックしやすい「米」と「サバ水煮缶」

「煮卵のタレ」を有効活用する 最強メシの作り方 レシピを考える上で重視したのが、追加の調味料なしで、ストックしやすい食材のみで作るということ。そしてたどり着いたのが、「鯖(サバ)の水煮缶」でした。つまり、タレとサバ缶が持つ味を活用し、「炊き込みご飯」を作るというアイディア。サバ缶はご存知の通り、ダイエット食材としても大ブームとなりましたが、ごはんに加えることで、良質なたんぱく質と脂質(DHA・EPA)、カルシウムなどが摂取できる美容効果や、血糖値の急上昇を抑えることで、太りにくいごはんにしてくれるというダイエット効果が期待できます。  さあ、それでは早速作っていくことにしましょう!

用意するのは、白米、タレ、鯖缶、生姜、水

「煮卵のタレ」を有効活用する 最強メシの作り方【材料(1~2人分)】 煮卵のタレ 全量(※) サバ缶 1缶(汁ごと) 白米 1合 生姜(チューブでもOK) 少々 水 100ml程度 ※コンビニ等で売っている卵2個分のタイプを想定。それ以上の大容量パックの場合は、タレを100ml計測して使用してください。  作り方は、超カンタン。研いだ米を炊飯器の釜に入れ、煮卵のタレ、サバ缶の汁を加えます。さらに水を加えて、1合分の水分量に合わせましょう。細切りにしたショウガを加えたら、炊飯器のスイッチをオン。早く食べたい人は、早炊きでもOKです。 「煮卵のタレ」を有効活用する 最強メシの作り方 かき混ぜると、おいしそうなおこげが! 香ばしい甘いにおいもたまりません……。 「煮卵のタレ」を有効活用する 最強メシの作り方 お気に入りのお茶碗に盛りつければ完成です。煮卵と薬味を添えると、オシャレ度もおいしさもアップするでしょう。 「煮卵のタレ」を有効活用する 最強メシの作り方 おいしいものは無駄にするべからず。気になる人は是非作ってみてくださいね! <文、写真/スギアカツキ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ