Entertainment

88歳大物俳優が4度目の離婚へ。波乱万丈でも、本人は「最高に幸運」

 御年88歳の大物俳優ウィリアム・シャトナーが、離婚を申請したと伝えられている。  これまで3度の結婚・離婚を経験しているウィリアム。このたび、18年間連れ添った4番目の妻エリザベスとの離婚を決めたことを、TMZなど複数の芸能メディアが報じている。  映画監督、俳優、声優、ラジオDJなど多方面で活躍しているウィリアム。1966年に放送開始された人気シリーズ『宇宙大作戦』『スター・トレック』でカーク船長役を演じ、一気にブレイクした。  そんなウィリアムの総資産は1億ドル(約110億円)ともいわれている。関係者はTMZにこう話す。 「シャトナー夫妻はまだ経済面で話し合いをしています。婚前契約によれば、お互いに一切手当を受け取らないことになっています」  エリザベスとは婚前契約を交わしており、子供もいなかったことから、離婚成立までさほど時間はかからないと見られている。  それにしても、90歳を前に離婚するというのは、並々ならぬ事情があってのことだろうか?  今回の離婚申請について、マスコミがエリザベスに問い合わせたところ、「兄が亡くなったばかりなので、報道について把握していない」との回答があったとのこと。一部メディアは、ウィリアムが離婚申請する数日前の12月4日、エリザベスの兄が病気で急死したと伝えている。兄を失ったエリザベスが悲しみに暮れる中、離婚申請がすすめられたようだ。

3番目の妻が事故死。隠し子騒動で裁判沙汰も

 これまでに3回の結婚・離婚歴があり、このたびエリザベスとの4度目の結婚生活にも終止符を打つウィリアム。計4回の結婚の中で、1番目の妻グロリア・ランドとの間だけに3人の子供をもうけている。  ただ、恋多き人生を送ってきたウィリアムだけに、妻以外の女性との間に生まれた子供の存在が取り沙汰されたことも。
ウィリアム・シャトナー

御年88歳のウィリアムがバツ4に…

 数年前には、ウィリアムとカナダ人女優との間に生まれ、生後まもなく養子に出されたと主張する男性から訴えられた。実の息子を名乗るその男性は、ウィリアムから口止めされたうえ、SNSアカウントを削除させられ仕事の機会を奪われたなどとして提訴し、慰謝料を請求。しかし、ウィリアムは男性の主張を完全否定していた。  さらに、3番目の妻が自宅プールで溺死するという悲劇に見舞われたことも。まだ40歳になったばかりだったという妻の遺体からは、アルコールと薬物が検出され、事故とみなされた。この事故について、のちに語ったウィリアムは「本当につらかった」と吐露、「アルコール依存症だった彼女を救えなかった」と後悔をにじませたという。  こうした辛苦も経験してきたウィリアムだが、2年前のインタビューで、人生でやり直したいことについて尋ねられた際にはこう答えている。 「何もないね。美しい妻に3人の素晴らしい子供たちに恵まれ、チャリティ団体のために高額を集めることもできた。過去の出来事があったからこそ、今の地球上で最高に幸運な自分がいる」  自身のTwitterで日本のアニメ「ラブライブ!」が好きだと明かし、ネットを沸かせたウィリアム。競走馬騎手としての顔も持ち、テニスなど趣味も多く、いくつになっても衰えを感じさせない。あと数年で90歳を迎えるが、まだまだ元気な姿がみられそうだ。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ