Gourmet

特売ステーキ肉がふっくらじゅわっ。驚きの簡単ワザ

 イマイチな牛肉を、大変身。 味気ない牛肉を 最高の熟成ステーキにする方法 ガッツリお肉が食べたくて「ステーキ用の牛肉」を買う時、値段はなるべくリーズナブルにおさえたいですよね。中でも海外産はかなりリーズナブルに購入できますが、いざ焼いてみると、硬い、味気ない、上手に焼けなかったりと、値段相応の我慢を感じている人も少なくないでしょう。  そこで今回は、そんな安いお肉を、熟成感のある“華やかジューシーステーキ”にしてしまうカンタンコツをご紹介。日本が誇る“2つの調味料”を組み合わせるだけで、香りも食感よく焼き上がりますよ!

方法は超カンタン。味噌と酒に漬けるだけ

 ステーキをおいしく大変身させるためのコツとして重要なのは、誰でも簡単に実践できるという点にあります。今回オススメするのは、日本の伝統調味料である「味噌」と「酒」を混ぜて牛肉を漬け込むという手法です。味噌と酒が肉に作用し、それぞれ次のような効果をもたらします。 味気ない牛肉を 最高の熟成ステーキにする方法 味噌と酒【味噌】 ・味噌に含まれる酵素(たんぱく質分解酵素)とマリネ(肉を酸性状態に)の効果によって、肉をやわらかくする。 ・味噌の香気成分などによって、肉の臭みを抑制する。 【酒】 ・酒の共沸効果によって、生臭みを消す ・発酵食品である酒独特の風味によって、コクや旨味を与える ・マリネ効果によって、肉をやわらかくする  早速これらの働きを活用し、牛肉を漬け込んでいきましょう。

ステーキ1枚につき、味噌大さじ2+酒大さじ1

味気ない牛肉を 最高の熟成ステーキにする方法 ステーキ1枚につき、味噌大さじ2+酒大さじ1 ビニール袋(※)を用意し、味噌大さじ2、酒大さじ1を加えて混ぜ合わせ、牛ステーキ肉をしっかりコーティングして漬け込みます。封をして、一晩冷蔵庫に置くか、そのまま常温で2~3時間放置させましょう。 ※環境面などでビニール袋を使用することに抵抗がある場合は、バットなどの浅型容器に肉を置いて漬け込む。その場合味噌と酒の量は2倍にする  漬け込むのが完了したら、あとは焼くだけ。焼く前に常温に戻すことが重要ですが、急ぎの場合は、50度くらいのぬるま湯(給湯から出る温かい水でOK)に30分程度くぐらせておくと肉が常温状態になります。味噌を軽く拭って、熱したフライパンで焼いていきましょう。 味気ない牛肉を 最高の熟成ステーキにする方法 フッ素樹脂加工のフライパンを使用する場合は、油をひく必要はありません。中火で焼きはじめ、香ばしいにおいが漂いはじめたら、裏返しましょう。火加減を弱火に落とし、フタをして5分程度じっくり焼いてください。火力が強すぎると焦げてしまうので、その点だけ注意をすると良いでしょう。 味気ない牛肉を 最高の熟成ステーキにする方法 火を止めて、数分置いたら、お好みの皿に盛りつけましょう。 味気ない牛肉を 最高の熟成ステーキにする方法 焼いている時のかぐわしい匂いは、味噌と酒がもたらす賜物です。ナイフで肉を切ってみると、塩コショウだけでは実現できなかった、ふっくらジューシーな肉質に驚くことでしょう。 味気ない牛肉を 最高の熟成ステーキにする方法 味噌はお好みのものを使えばOKですが、オススメは香りが高く麹がたっぷり入った「麦味噌」です。また、料理酒は、普段飲む日本酒を使用しても良いですし、料理専用で塩が入っていないタイプを選ぶと良いでしょう。  さあ、気になる人は是非お試しください! 【参考記事】⇒特売肉が超ジューシーになる「漬け込みタレ」の黄金比 <文、写真/スギアカツキ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ