Entertainment

田中圭まさかの大告白。新『おっさんずラブ』の最終回に戸惑いまくり

 航空会社を舞台に新シリーズとして放送された『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系、土曜23時15分~)が最終回をむかえました。新人CAの春田創一(田中圭)を巡り、機長の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、副操縦士・成瀬竜(千葉雄大)、整備士・四宮要(戸次重幸)達が繰り広げる、大人の四角関係が展開されています。
『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系、土曜23時15分~)

『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系、土曜23時15分~、画像:公式サイトより)

おっさんだらけの卓球大会からの相撲大会のナゼ

 前回、黒澤は春田にパイロットを引退することを告げました。引退を控えた黒澤は、春田・成瀬・四宮の4人を土手に呼び出し、相撲大会を開きます。そして相撲をとりながらお互いの本音をぶつけあうのでした。  春田を巡り、恋の争奪戦を繰り広げてきた4人でしたが、黒澤と四宮が春田にフラれて玉砕。当の本人である春田は、成瀬にフラれて苦しい状況におり、この相撲大会でお互いの本音をぶつけあい、絆を深めたのでした。  第4話ではお互いの気持ちを確認するために、卓球大会をしていた4人。本音をぶつけるためにとりいれた手段がスポーツというところは、青春感を出したかったのでしょうか。普通の手法じゃだめだったのかなと気になるところです。

黒澤のラストフライトからの急展開に絶叫が続く

 黒澤はラストフライトをむかえ、春田は黒澤と離れてしまう喪失感に見舞われていました。春田はラストフライトの日の機内アナウンスで、「本気で泣いて笑って絆が強くなっていって、僕たちクルーは愛された分、自分たちも誰かを愛したい、幸せにしたいと思ってここに立ってられるんだと思います」と黒澤への思いを伝えます。  このフライトをもって、黒澤は機長を引退します。しかし、急展開がここから始まります。

まさかの四宮と成瀬が……

 まず、最後にはくっつくんだろうなと思っていた春田と成瀬ですが、成瀬が「今までの俺なら軽く春田さんと付き合ってたと思うんです。でも、俺にとって大切な人だから、それはできない」ときっぱりと春田をフります。成瀬のこの発言に感動しますが、「成瀬と春田は付き合わないんだ」ととまどいます。  展開はまだまだ続きます。寮では成瀬が四宮のためにグラタンを焼きます。そんな成瀬に四宮は「俺のどこがいいわけ?」と聞きます。それに対し、成瀬は「見てらんないんですよ。残念なところ」と返します。その瞬間、四宮は成瀬にキスをしようとするのですが、成瀬のほうから四宮にキス。照れる四宮ですが、まんざらでもなさそうな2人の顔に「ええええ!!!」と驚きます。

前作からの春田への想いがとうとう実を結ぶ

 そして最後のクライマックスではなんと、春田が黒澤を屋上に呼び出して愛の告白をします。「キャプテンのこと、好きになってもいいですか!」と言う春田に、黒澤が「まるぅぅー!」と回答。2人は熱く抱き合うのでした。
 1話から一途な気持ちを春田にぶつけてきた黒澤ですが、最終話では春田からの告白という形でハッピーエンドとなりました。  結果、登場人物全員が幸せになって終わった、新『おっさんずラブ』に放送後、絶賛の声が相次ぎました。「素晴らしい終わり方」「全員が尊い」「黒澤キャプテンおめでとう~」など、このドラマの登場人物が視聴者からいかに愛されていたかがわかります。

『おっさんずラブ』ありがとう……

 しかし、やはり最後の急展開に「えええ! そことそこがくっつくの!?」「どこで気持ちが変わったの?」と一度放送を見ただけでは、まだ消化しきれない部分があったような気がします。  というのも人物設定や関係性は徹底的に作り込まれ、それが丁寧に脚本におとしこまれていたと思うのですが、やはり主要人物と扱うテーマが多すぎて、一人一人の描写が少なかったのではと思います。  特に主人公の春田に関しては、田中圭の演技と前作の春田の「愛されキャラ」だけで突っ走り、いまいち人間的な魅力に欠けていたような気すらします。  さらには演出のギャグ要素にもっていかれてしまい、途中から完全に「コメディ」として見ていた感もあります。  とはいえ、最終的にはハッピーエンドにおさまった、新『おっさんずラブ』。今後それぞれのカップルがどのように暮らしていくのかを想像したり、ここにいたるまでの伏線を1話から見直していくのも楽しいのかもしれません。「ええええ!!!」と最後まで視聴者をわくわくさせてくれた、心温まるドラマに感謝の気持ちです。 <文/瀧戸詠未>
瀧戸詠未
ライター/編集者。趣味は食べ歩き・飲み歩き。
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ