Fashion

今年らしい重ね着スタイルをがんばらずに着こなす3つの法則

 冬のファッションの醍醐味は、なんといってもレイヤード(重ね着)スタイル。寒さを防ぎながら、服の重なりが生む着こなしのリズムを味わう、おしゃれの楽しみのひとつなのです。とは言っても、難しいテクニックは必要なし! 簡単な法則をマスターすれば、あとは姿見でのバランスチェックだけでOKです。冬のおしゃれに欠かせないアイテムを使った、素敵なレイヤードスタイルが実現する法則を3つご紹介します。

①ワンピースには、ワイドパンツ

レイヤードスタイル(重ね着)①ワンピースには、ワイドパンツ ワンピースにパンツを重ねるスタイルが、ここ数シーズン、またトレンドになりました。でも、体型カバーのためにと、ふんわりワンピースに細身のパンツを合わせるのは、野暮ったく、老けた印象になるのでNGレイヤードスタイル(重ね着)①ワンピースには、ワイドパンツ ワンピースには太めのパンツを合わせると、ぐんと今っぽい雰囲気になります。ボリュームのある全身のシルエットをスタイリッシュに仕上げるには、足元をきれいめのレザーシューズにするのがキー。身長小さめさんは、パンツとソックスの色をそろえて足長効果を狙ったり、パンツをロールアップしたり、バランスよくまとめる工夫を。 レイヤードスタイル(重ね着)①ワンピースには、ワイドパンツ

②ニットの裾から、大胆にビッグシャツをのぞかせる

レイヤードスタイル(重ね着)②ニットの裾から、大胆にビッグシャツをのぞかせる ニットのインナーにシャツを重ねるのは、定番のレイヤードスタイル。首元から衿をちらりとのぞかせるのは簡単ですが、裾をどのくらい出せばバランスがいいのか、判断はなかなか難しい。そこで、今年はトレンドのビッグシャツを重ねてみましょうレイヤードスタイル(重ね着)②ニットの裾から、大胆にビッグシャツをのぞかせる ニットの裾からシャツの裾を「出し過ぎかな?」というくらい大胆にのぞかせると、ベーシックなニットの着こなしにニュアンスが出て、今年らしくアップデートできます。肩幅が広い人は、なるべく身幅はジャストサイズのシャツに、ミドル~ハイゲージのニットを重ねるとすっきり。身長小さめさんは、ヒールのあるシューズを合わせてフェミニンな雰囲気にまとめるのがポイントです。 レイヤードスタイル(重ね着)②ニットの裾から、大胆にビッグシャツをのぞかせる

③デニムジャケットは、シャツ感覚で着る・重ねる

レイヤードスタイル(重ね着)③デニムジャケットは、シャツ感覚で着る・重ねる デニムジャケットは、軽めのアウターというより、厚手のシャツ感覚でロングシーズン楽しむのが今の気分。着こなしの幅が広がり、また、身長を選ばずレイヤードスタイルが楽しめます。オーバーサイズのジャケットやチェスターコートなど、きれいめのアウターと重ねてテイストミックスしてみると、おしゃれ上級者の雰囲気。 レイヤードスタイル(重ね着)③デニムジャケットは、シャツ感覚で着る・重ねる デニムジャケットのボタンを全部とめてかっちりと着るのも、アウターとレイヤードしやすいのでおすすめです。この重ね着は、デニムジャケットのアイテム選びがとても重要。体に沿うなめらかな素材感で、ジャストサイズのものをセレクトして。  冬ならではのファッションの楽しみ方、レイヤードスタイル。簡単な法則も、知らないととことん野暮ったく、知っているだけでおしゃれ上級者の装いに。いつもは重ねないようなアイテム同士も、どんどんレイヤードして、新しいおしゃれ、新しい自分を発見してみてください。 <文/KAORU>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ