Entertainment

夜道のカズレーザー、怖さが話題/斎藤工、自身の“色気”を語る

 東出昌大(31)と唐田えりか(22)の不倫騒動が波紋を呼んでいます。東出さんの妻・杏(33)が妊娠中の出来事とあって、世間の反応も厳しい様子。  ちなみに、東出さんと唐田さんの出会いは、映画『寝ても覚めても』での共演がきっかけだったそう。いま、2人とも目は覚めまくってることでしょうね。  では、今週も振り返りましょう。どうでもいい芸能ニュース。

①斎藤工、自身の“色気”を分析「ゆっくり低く…それがじっとりに繋がっている」

スポニチアネックス 1/22(水)ほか  21日深夜放送の『バナナマンのドライブスリー』(テレ朝系)に、斎藤工(38)が出演。色気ムンムンの自身の話し方について語りました。  MCの設楽統(46)から「しめっぽいエロさというか、じっとりしたエロさが常にある」と言われた斎藤さん。これに対して、「たいしたことを言っていないのに、ゆっくりしゃべっているから、それがじっとりに繋がってる」と自己分析していました。  東大名誉教授の姜尚中(69)、戦場カメラマンの渡部陽一(47)との、“湿度100パーセント”鼎談の実現が待たれます。

②夜道のカズレーザーが“怖すぎる”「トラウマレベル」と話題

クランクイン! 1/20(月)ほか
 カズレーザー(35)が19日に自身のインスタグラムを更新し、夜道にたたずむ写真をアップしたところ、想像以上の怖さにファンが震えあがる事態になりました。 「『おはよう』から『おやすみ』まで、子供たちの登下校を見守る暇人」とのコメントとともに投稿されたのは、全身真っ赤のコーデに、顔にも赤いマスクを装着した不気味なショット。「トラウマレベルの怖さ」とのコメントも納得の1枚でした。  撮る前にアイデアを練ってると思うと、味わいも増しますね。
この投稿をInstagramで見る

煙が目に染みる #副流煙を最小限にする工夫

カズレーザー(@kazlaser)がシェアした投稿 –

③SHELLY、離婚でリサイクルセンターを利用「港区は捨てる物もいい物」

ザテレビジョン 1/21(火)ほか  先日離婚を発表したSHELLY(35)が、20日放送の『しゃべくり007』(日テレ系)に出演。離婚にまつわる苦労話を語りました。  結婚当時に使っていた家具の大半が、インテリア好きだった元夫の持ち物だったので、買い直さないといけなくなったというSHELLYさん。そこでリサイクルセンターへ行くと、掘り出し物がたくさんあったのだそう。「港区は捨てる物もいい物」だと発見し、ちょっぴり嬉しいこともあったようです。  ますますたくましくなってカムバックしたSHELLYさんなのでした。
次のページ 
菜々緒、水戸アナが…
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ