Lifestyle

大災害でも生きのびる練習「古新聞の防災グッズ」と「3秒ルール」

「ここに来るまでのあいだ、避難経路確認しました? はい、全員死にまーす!」  満面の笑顔で、ドキリとするセリフを言い放ったのは『レスキューナースが教える プチプラ防災』の著者である、辻直美さん。その言葉に、参加者がハッとする。  2020年1月12日、啓林堂書店・奈良店で開催された出版記念イベントでのワンシーンです。
辻直美さん

防災セミナーでの辻直美さん

 辻さんは国際災害レスキューナースとして、国内外のさまざまな災害現場を経験。さらに辻さん自身も、阪神・淡路大震災、大阪北部地震で2 度被災しています。辻さんは全国で、これまで災害現場で得た知識と体験をもとに、お金をかけずにすぐできる“生き延びる知恵”を紹介する防災セミナーを開催しているのです(1/31日・夜には東京・下北沢でもセミナー予定)。 プチプラ防災

生きのびるために大切なこと

――災害が起きたとき、どうすれば生き延びられる? 辻さん(以下、辻)「何かあったとき、どっちに逃げるのか決めておくことが大事です。人と違う方向に逃げるのは勇気がいります。『自分だけは大丈夫』という災害心理も働きます。でも、そこで素早く判断し、行動できるかどうかで明暗が分かれます」  著書の『レスキューナースが教える プチプラ防災』でも紹介されていますが、辻さんは「初めて訪れる場所では必ず非常口を確認し、『今ここで発災したら、非常口までどうやって逃げるか』を瞬時に考える」と言います。  過去に2回の大震災を経験し、さらにレスキューナースとして被災地で活動する中で、自然と身についた習慣だとか。 辻「何もないときに考えておくからこそ、いざというとき適切な行動がとれます。“3秒で決める”が基本です。災害時は、決断の連続です。不安でも、地震がなくても決めていかなくてはいけない。被災地では『どんどん判断しないと、ひとりぼっちになってしまうと感じた』という話を繰り返し聞きました」  それにしても「3秒で決断」はハードルが高すぎるのでは……と不安に思ったみなさん、大丈夫です。  今回のイベントでは、この決断力を身につけられる練習方法も伝授されました。
写真はイメージです

写真はイメージです

日頃から「3秒で決断」を練習する

辻「自販機でどの飲み物を買うか、3秒で決めてください。自販機の前に立ってから『何にしようかな……』と迷うのはやめる! 決められない人はまず『お茶とコーヒー、ジュースのどれにするか』と選択肢を絞る。日頃から練習していると決断のスピードはどんどん上がっていきます」  慣れてきたら、食事の注文を3秒で決めよう!と辻さんは提案。さらに、「Aランチを注文したあとで、やっぱりBランチが良かったかな」と、後戻りしないことも重要だそう。 辻「注文した後で『ねえ、それおいしい? ひとくちちょうだい』はやらない。それは“戻る”という行為なんです。災害時には“戻る”は禁物。せっかく難を逃れたのに、戻ることで亡くなる人がたくさんいます。普段からAランチを注文したら、Aランチを楽しむ! 決めたらもう迷わないことが大切です」  さらに、この日のイベントでは「新聞」の活用法を紹介。
次のページ 
古新聞で防災グッズは作れる
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ