Lifestyle

「温水洗浄便座」は毎回使わないほうがいい。正しいタイミングは?   

 今や公衆トイレにも設置されている温水洗浄便座。洗浄シャワーを使用すればペーパーで拭くよりも清潔感があり、排便のたびに使用しているという人も少なくないようです。ただ、「使いすぎると痔になる」「便秘の時は洗浄シャワーで排便を促すといい」など真偽不明のウワサも。  そこで、日本初の女性肛門科専門医でマリーゴールドクリニックの院長・山口トキコ先生に、温水洗浄便座の正しい使い方について伺いました。
「マリーゴールドクリニック」院長・山口トキコ先生

マリーゴールドクリニック
院長 山口トキコ先生

洗浄シャワーは毎回使うべき?

 ここ10数年ほどでメジャーになり、愛用者も多い温水洗浄便座の洗浄シャワーですが、山口先生は「いい便が出たときは肛門周辺もそれほど汚れないので、ペーパーだけできれいに拭き取れていれば、排便のたびに使用する必要はありません」といいます。おしりのトラブルで受診する患者さんに対しても、医師が洗浄シャワーの使用を推奨することはないそうです。  ただ山口先生曰く、「緩い便が出たときは、洗浄シャワーの使用が望ましいときもあります。緩い便は肛門周辺が汚れやすく、きれいに拭き取るためには何回もペーパーで拭くことになって過度な刺激を与えてしまうため、かゆみやかぶれの原因になることがあります。そんな時洗浄シャワーを使えば、ペーパーでおしりについた水滴を取り除くだけでよくなり、拭き過ぎを防げる」そうです。
洗浄シャワーは毎回使うべき?

写真はイメージです(以下同)

 また、山口先生は「痔で悩んでいる人からも、シャワートイレによるメリットを上げる声が聞かれました」といいます。 「便がつくと痔が刺激され、痛みを伴うことがあります。特に辛い物は食べるとそのまま便となって出てくるので、辛み成分が強い刺激となります。そのため、『洗浄シャワーできれいにできてよかった』という患者さんは多いです」(山口先生)  イボ痔の患者さんからは、「これまで排便のたびに、飛び出てきたイボを指やふろ場のシャワーで押し戻していたけれど、洗浄シャワーでイボをスムーズに戻せるようになった」との声もあったそうです。  とはいえ、イボを洗浄シャワーで戻すのは、温水洗浄便座の正しい使い方ではありません。同様に、「便秘の時に洗浄シャワーで排便を促す」というのも「温水洗浄便座の目的ではなく、正しい使い方ではない」と山口先生は忠告します。間違った使い方は思わぬトラブルの原因にもなりかねないので、注意が必要です。

温水洗浄便座の正しい使い方

 そこで気になるのが、温水洗浄便座の正しい使い方。山口先生に伺ってみたところ、医師としての観点では、次のような使用方法が望ましいとのことでした。 ・緩い便が出たときなど肛門周辺が汚れたときだけ使用する ・かゆみなどがあるときは使用しない ・洗浄シャワーで洗うのは、肛門の中ではなく周囲のみ ・水温は、熱すぎず冷たすぎず、人肌くらいの温度 ・洗浄シャワーの強さは強すぎないように ・あてる長さは10秒くらいでじゅうぶん  洗浄シャワーを強い勢いであてたり、1分2分と長時間使用したり、肛門の中まで洗っていたという患者さんの中には、直腸に水が溜まってあとから漏れてきた人もいるとのこと。 「お風呂でも洗いすぎたり長湯をすると、肌が乾燥してかゆくなりますよね。おしりも同じで、洗いすぎや長時間の使用はよくありません。何事もやりすぎは禁物。温水洗浄便座も正しく適度に使ってください」と山口先生。かゆみがあるとついあてたくなりますが、おしりに違和感があるときは洗浄シャワーの使用を控えた方がいいそうです。
次のページ 
温水洗浄便座は使いすぎると痔になる?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ