Entertainment

えっ木村拓哉? 話題のソックリ芸人に聞いたキムタク顔のコツ

 SNSでも話題沸騰中!“本物のキムタクよりキムタク”と評されている木村拓哉ものまね芸人の元木敦士さんに、インタビューしました。激似の理由は「いちキムタクファン」としての憧れとリスペクトだったのです。
『グランメゾン東京』のキムタクにそっくりな元木さん

『グランメゾン東京』のモノマネ

そっくりさんに聞いた「キムタク顔」の作り方

 私も今日初めてお会いして、「あ、キムタクがいる」って思いました。とてもとても似ていらっしゃる! 「えっ、本当ですか。ありがとうございます。そう言っていただけると素直に嬉しいですね。でも、ガチで木村拓哉さんに寄せるならもっと目つきは鋭く! ただこの顔は、長時間は持たないという弱点があります」(元木敦士さん、以下同)  その鋭い眼光は木村さんの代表的な表情のひとつだと思うんですけど、他に何か鉄板の仕草ってありますか?
「シーーーーー」と言わないとできない表情

「シーーーーー」と言わないとできない表情

「これはドラマのワンシーンなんですけど、上下の前歯をあわせてこうやって……「シーーーーー」って。これ言わないとできないんですけどね。あとはティアドロップ型のサングラスかけると木村さんっぽくなります」  おおおー、すっごい似てる!キムタク感ハンパないです! 本物を目の前にしてる気分ですよ。 「いやいや、恐縮です」

キムタクとの出会いは高校生のとき

 元木さんが木村さんのものまねを始められたきっかけは何ですか?
元木敦士さん 宣材

元木敦士さんの宣材

「元をたどると高校生の時なんですよ。高校時代に木村さんの髪型を真似たのが最初です。ちょうどその頃にドラマ『HERO』(2001年・フジテレビ系)を見ていて『すげーカッコいいな』って、男ながらに惚れてしまいまして。そうだ。これ、見てもらえます?」  なんですか? ヘアカタログの切り抜き?
実際のヘアカタログの切り抜き

実際のヘアカタログの切り抜き

「20年くらい前のものなんですけど思い出として持ってまして……。これは僕が初めて高校生のときに美容院で『この髪型にしてください』って持っていったものなんです。さすがにボロボロですけどね」  すごい! ずっと持ってたんですね。 元木敦士さん 2「この髪型を真似た次の日に、学校で周りの友達に『オレ、キムタクっしょ?!』みたいなこと言ったんですよ。周りは引いてたんですけど(笑)。でもそれ以降、木村さんになりきって、ドラマのセリフを学校でやったり……そういうところから始まったんですよね。だから似てるっていうのは、実は思ったことがないんです。あくまでも自分なりに『カッコイイじゃん。この髪型似合うじゃん』っていう感覚ですね」  だとすると元木さんのキムタクものまね歴ってだいぶ長いんじゃないですか? 「そうなんですよ。高校時代に好きになって、憧れて、今に至ったというか。ファンとしての立場が、ものまねのスタートなんです

喋るとあんまり似てないらしい

 元木さんはもとはピン芸人さんとして活動されていたとのことですが、どういう経緯でキムタクものまねにシフトチェンジしたのでしょうか。 「ある日、ものまね番組のオーディションが来たんですよ。その時に初めて『どうせなら憧れの木村拓哉さんのものまねをしよう』と。そしたら部屋に入った瞬間、審査員が『うわっ、キムタクだ!』って前のめりになってビックリしてたんです」  なんと、顔を見せただけでそこまでのリアクションが?! 「で、本題のものまねをしてみたら……審査員が『全然にてないっ!』って立ち上がったんですよ。僕はそこまでとは思ってないんですが、喋ったら全然似てなかったみたいです(笑)。でも、その見た目と声のギャップがハマったらしくて、それから番組で使ってくださるようになりました」
次のページ 
一番高かった32万円の衣装とは
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ