Gourmet

美容にいい「ケール」をおいしく食べるコツ3つ。マズイのは昔の話

 生で食べる、だけじゃない。 美容に良い「ケール」の食べ方、知ってる? おいしい食べ方のコツ 美容に良いけれど苦い、マズイと思われている野菜と言えば、「ケール」。以前は「青汁」のイメージが強かったものの、最近はスーパーの野菜コーナーで良く見かけるようになりました。改めて、ケールって本当にまずいのでしょうか? どうやって食べるのが理想的なのでしょうか?  実は、海外におけるケールレシピを見ると、サラダやジュースが主流でないことをご存知ですか? ということで今回は、ケールの健康パワーをご紹介しながら、おいしい食べ方のテクニックをご案内したいと思います。

ケールをニンジン、ほうれん草と比べてみた

 まずは、ケールがニンジン・ほうれん草などの緑黄色野菜と比べてどうなのか、というところを比較してみましょう。
ケールがニンジン・ほうれん草などの緑黄色野菜と比べてどうなのか?

ケールがニンジン・ほうれん草などの緑黄色野菜と比べてどうなのか?
(日本食品標準成分表2015年版(七訂)より筆者が作表 ※ビタミンEは、α-トコフェノールの数値を記載。)

・食物繊維(g) ケール(生):3.7、ニンジン(生・皮むき):2.4、ほうれん草(生):2.8 ・βカロテン※1(ug) ケール(生):2900、ニンジン(生・皮むき):6700、ほうれん草(生):4200 ・ビタミンE※2(mg) ケール(生):2.4、ニンジン(生・皮むき):0.5、ほうれん草(生):2.1 ・ビタミンC(mg) ケール(生):81、ニンジン(生・皮むき):6、ほうれん草(生):35 ・葉酸(ug) ケール(生):120、ニンジン(生・皮むき):23、ほうれん草(生):210 (日本食品標準成分表2015年版(七訂)より) ※1 β-カロテンは、植物に豊富に存在する赤橙色色素で、ビタミンAの前駆体である。 ※2 ビタミンEは、α-トコフェノールの数値を記載。  βカロテン(ビタミンA)、ビタミンC・E、葉酸、食物繊維の数値が総合的に優秀であることがわかります。つまり、人参やほうれん草を食べるよりも、効率よく上記の栄養素を摂取できるということ。 美容に良い「ケール」の食べ方、知ってる? おいしい食べ方のコツ でも、ケールってマズいし、たくさん食べられないという悩みがつきまといますよね。ところがここ最近、日本でもおいしいケール栽培を行う農園が増えていて、他の緑黄色野菜と同様の感覚で味わえるようになっているんです。しかも、海外におけるケールの食べ方を見ると、生食がすべてではないことが分かります。
イギリスのサイト「BBC good food」

ケールレシピの大半が加熱されている。
(画像:イギリスのサイト「BBC good food」より)

 量を食べるという点では、やはり生よりも加熱の方が有利ですし、青臭さも緩和されます。ちなみに、加熱によって壊れやすいビタミンCなどのことを考慮すると、電子レンジによる短時間加熱が便利でしょう。  さあそれでは、ケールをおいしく食べる3つのアイディアをご紹介しましょう。

ケールに合う食材とは?どう加熱調理をすべき?

①サラダは、ソーセージ、卵、チーズと合わせる

美容に良い「ケール」の食べ方、知ってる? おいしい食べ方のコツ ケールはやっぱり生で……、という方には、相性の良い具材を知ることが重要です。色々検証した結果、ソーセージ、チーズ、卵がベストマッチ。ケールの力強い味わいに負けない、濃厚な食材と合わせることがコツになります。ケールは千切りにして、食べるときは良く噛んで味わうようにすると良いでしょう。

②ほうれん草や小松菜の代わりに「ごま和え」にする

美容に良い「ケール」の食べ方、知ってる? おいしい食べ方のコツ ケールをザクザク切って、耐熱ボウルに入れ、電子レンジで2~3分加熱しましょう。水気を絞り、すりごまとめんつゆで和えるだけで、カンタンごま和えが完成します。食べてみると、苦みはほとんど気にならず、濃厚な旨味を堪能できるはずです。

③たんぱく質食材と一緒に「炒め物」にする。

美容に良い「ケール」の食べ方、知ってる? おいしい食べ方のコツ 最後にご紹介するのは、私が最も気に入っている食べ方。「炒め物」として楽しむ方法で、ポイントとしては、短時間で加熱、たんぱく質食材(肉・魚介類)と合わせる、ソースで味付けをすることです。そう、ソースの味が絶妙に合い、いつもの野菜炒めとは別格の味に仕上がります。まろやかな味わいを楽しみたい人には、温泉玉子を乗せるのもオススメです。  まだまだ可能性が広がるケール。気になる人はお試しください! <文、写真/スギアカツキ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ