Entertainment
News

米セクハラ裁判で「歴史的勝利」。有罪評決を受けた被告は病院へ

 有名女優を含む、多くの女性たちに対する性的暴行などで起訴されたハリウッドの元大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタイン被告(67)。今月24日(月)にニューヨークで行われた裁判で、有罪評決が言い渡された。この評決にセクハラ被害を告発する「#MeToo」の支持者が「歴史的勝利」と沸き立つ中、ワインスタイン被告は同日夜、胸の痛みを訴えて病院へ搬送された。

レイプや性暴行など5件の罪に問われていた

ハーヴェイ・ワインスタイン被告

ハーヴェイ・ワインスタイン被告

 先月始まったニューヨークでの裁判で、レイプや性暴行など5件の罪に問われていたワインスタイン被告。男性7人女性5人からなる陪審団は、第3級レイプ(最も軽いレイプ罪・但し重罪とされる)と第1級の性暴力(強制的強要等による口淫等)で有罪評決とした。しかし、有罪となれば終身刑の可能性もあった略奪的性的暴行に関しては、無罪とした。  ワインスタイン被告は直ちに収監され、勾留が予定されていた刑務所へ向かっていたものの、代わりにニューヨークのベルヴュー病院へ運ばれたという。同被告の弁護士ドナ・ロトゥンノ氏がCNNに話したところによると、胸の痛み、動悸、そして血圧の上昇により搬送されたが、症状の回復をみて刑務所へ向かうとされている。  被告の量刑は来月11日に言い渡される予定で、最短で5年、最長で20年超の禁錮刑が言い渡される見通し。被告の弁護団は、控訴する意向であることを明らかにしている。  今回ワインスタイン被告は、2013年にニューヨークのホテルで女性をレイプした容疑、また2006年に女性に性的行為を強要した容疑で有罪評決となった。  マンハッタン地方検事補のジョアン・イルッツィは、同被告を「虐待的なレイプ魔」と呼び「ハーヴェイ・ワインスタインが証人達と会った時は、今とはずいぶ違って見えたことでしょう」「彼女らは恐れていました。孤立して、一人っきりに感じたことでしょう」と裁判を締めくくった。  一方、ロトゥンノ弁護士は検察側を非難、陪審団に「正しい判断をする勇気」を持つよう呼びかけた。 「どのようなパーティーに出席し、男性達に気のあるフリを見せ、自分のキャリアを前進させるべくとった選択、ホテルの部屋への招待、航空券を貰うことなどに関する自身の行動に、女性たちが責任を負わない別の宇宙を作りだした」

有罪を得ることが難しい性犯罪の裁判

 昨年末には一部被害者との和解が報じられ、批判の声もあがったワインスタイン被告のセクハラ裁判。今回も5件の罪すべてが有罪とならなかったことに落胆の声もあがった一方で、女性たちへのセクハラ反対運動「#MeToo」「#TIME’S UP」支持者はこの評決を称賛している。  というのも、性犯罪で有罪を得ることは非常に難しいと考えられてきたから。今回の裁判でも、原告側に有利な物的証拠があったわけではなく、むしろ被害者女性たちにとって不利と受け止められる証言もあったという。そうした状況で有罪評決が下ったのは、女性たちを守るムーブメントにとっても、重要なターニングポイントになるだろうとされている。
 ワインスタイン被告のセクハラ行為をいち早く告発した女優アシュレイ・ジャッドは、「この評決は、サイレンスブレーカー(沈黙を破る人)の勇気、そして立ち直る力の証であり、すべての被害者にとっての勝利です」とSNSに投稿している。  ちなみに現在日本でも絶賛公開中の映画『スキャンダル』も、女性キャスターたちが、全米最大のニュース放送局「FOXニュース」会長兼CEOによるセクハラ行為を告発した実話。  これまで軽く扱われてきた性犯罪の裁判に一筋の光が見えてきたのは、こうした女性たちの長い戦いがあった。  ワインスタイン被告は、ロサンゼルスでも女性への性的暴行の容疑で起訴されており、今後LA郡の裁判所に出廷するとみられている。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ